PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【演奏録音】シベリウスの小曲

今日はお休みだったので1曲録音してみました。

北欧音楽の代表的作曲家といえばシベリウス。
シベリウスといえば交響詩!

という訳で残念ながらシベリウスの代表的な作品はピアノ曲ではないんですよね。

しかしピアノ曲を作っていないかというと意外と多いのも事実。
かなり初期から晩年まで作曲されていて、Webで探せばシベリウスのピアノ楽譜がたくさん手に入る。
北欧好きなピアノブロガーにとってはなかなか嬉しい事ですね♪


シベリウスのピアノ楽譜の前書きなどを読むとよく書かれている事があります。
それはシベリウスがお金に窮してピアノ曲を作っていたという事です。
1.アイノラ荘の建築で莫大な借金を抱えていた
2.フィンランドがロシアから独立後、内乱状態となりアイノラから避難した

「沢山の小鳥たちの嘴に餌をあたえるために」(生活費)
冗談か本音かは分かりませんが、しかしどの曲も情熱的なものから憂愁に満ちたものまで、北欧の魅力に満ち溢れていると思います。

今回は8つの小品という曲集の3番目「思い出」という曲です。
シベリウス晩年の作品だそうです。
この曲集、難易度的にはそんなに難しくないのでおすすめです^^

【シベリウス】
【思い出】
(すいません、音小さかったみたいです。プレイヤーの音量バーちょっとあげて下さい^^;)
mp3が再生できるプラグインが必要です。
プレイヤーが表示されない方はこちら


シベリウスは植物を題材にしたピアノ曲も多数作っていますが、時間があればいずれ2~3曲録音してみたいな~と思います。

スポンサーサイト
[ 2011/10/25 18:02 ] 北欧 シベリウス | TB(0) | CM(4)

音楽鑑賞(アイロン)Day♪

またまた今週も月、火で連休のゼロシン。

サボりにサボったアイロン待ち状態のYシャツの山・・・オオーw(*゜o゜*)w
そしてハンカチの山・・・(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!

今日はアイロンDayだなー(ノ_・、)シクシク


いつもアイロンをかける時は音楽流してます。
黙々とアイロンのジューって音聴いてても寂しいですからね~。
今日は3時間コースだったのでたーっぷり聴きました。

今日聴いた曲
・フローズンインタイム(ドルマン)
・交響曲1番(エルガー)
・マタイ受難曲(J.S.バッハ)
・マルコ受難曲(テレマン)
・ドラゴンクエスト交響曲(すぎやまこういち指揮+ロンドンフィル)←これ最高!

6月に録画していたN響アワーのパーカッション協奏曲(フローズン・イン・タイム)という曲を久しぶりに聴いてました。
華麗な棒さばき、大迫力のリズム、突然訪れる静かな鉄琴の音色、何て楽しそうに演奏するだろう。
聴いていても自然と頭ふりふり、気付いたらアイロンを指揮棒みたいに振り回してました。
近現代音楽は聴いてる分には楽しいですけど作業用BGMには向かないですね。

さて明日はピアノもっと練習するぞー。
[ 2011/10/24 22:53 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)

11月ピアノオフ会に初参加

先日は思いもよらぬピアノオフ会のお誘いを頂き、有難く11月に参加させてもらえる事になりました。
何と12時から20時まで8時間!
準備と後片付けを2時間と見積もっても6時間はたっぷりありそうです。
なんてパワフルすぎるオフ会なんだ!

今までネット生活は長いですがオフ会というのはこれが初めてという事もあり、お互いに顔を見た事もない所からどうやってスタートするんだろうと少し不安であり、楽しみでもあるんですよね~。
特にゼロシンは顔と名前がなかなか一致しない人間なのです。(顔が覚えられない)
第3回目という事なので今まで参加した事のある方達にとっては新しい顔があったら消去法で「多分この人は○○さんだろう」って分かるんでしょうね。

いつもブログでお世話になっている方達は多分すぐ覚えられると思うのですが、定員15名に対してゼロシンが知っているHNの参加者さんは8名。
という事は残りの7名はもしかしたらブログすら見たことのない人達かもしれない。
でも逆に変な先入観なしで演奏を聴けるとも考えられるので、それはそれで新鮮で楽しいかもしれないですね。



さて話は急に変わりますが(後で戻りますが)、そういえば今更ながら私のピアノに関する近況を書いておこうと思います。
といっても昨年からあまり変っておりませんが。
昨年の今頃からブログの更新が止まり、1年も空けていきなり再開?したかと思いきや詳しい説明もなくいきなり録音からスタートしてしまいましたので^^;

基本的に新しいジャンルへの取り組みは一切していません。
今まで取り組んできた作曲家・ジャンルのレパートリーを追加している感じです。
・バロック(特にバッハのBWV500番台フーガを数曲)
・ロシア(ショスタコーヴィッチのプレリュードや小品、カバレフスキーのソナチネ)
・北欧(グリーグ、シベリウス、メリカント、メラルティンなど)
・ゲームやTVの曲

1日ピアノに向かう時間は30分~1時間くらいです。
弾きたい曲を気の向くまま弾いているので、上手くもなってなければ下手にもなっていない。
先日久しぶりに録画をしてみて、1年前の自分がそのままタイムスリップして録画をしてるように感じました。



島村ミュージックの大人のピアノレッスンは2011年1月に退会手続きをして終了しました。
レッスン時間は1回30分の予約制ですがなかなか空きが少なく、仕事の都合で思うように通えていませんでした。
まぁ、なかなか通えなかったのはゼロシンの事情です。
多い人は月10回とか通えてる人もいましたしね。
先生は個人差はあると思いますが、私にとっては良き聴き役、相談相手という感じで楽しかったです。
ちなみに最後のお別れにショパンのソナタ3番4楽章を弾いてくれました。

また年に2度の発表会があり、人前でグランドピアノを演奏できるチャンスが必ずある、という意味でも習っている意味はありました。
ちなみに最後に出演した発表会は昨年の11月、横浜インターコンチネンタルホテルのグランドピアノでバッハを演奏しました。
「次に人前でピアノを弾けるのは何年後になるかな、もしかしたらもう弾けないかな?」なんて考えながらの出演でした。
こういうのって1回やめると、次ってなかなか出来ないと思うので(そう考えるのってゼロシンだけかな?)



なので今回オフ会という形で、こんなにも早く演奏の機会が巡ってくるとは思ってもみなかったのでとても嬉しくて今からワクワクしています。
練習期間は1カ月。新しい曲に挑戦するか、レパートリーから選ぶか。
選曲は随分と悩みましたが今回は「グランドピアノで細かい音まで表現したい曲」という基準でレパートリーから選曲してみました。

演奏するのは後期ロマン派の作曲家リヒャルト・シュトラウスの若き日の作品Op.9-2です。
風景画と呼ばれる5曲の中の第2曲であり、標題は「さびしい泉のほとりで」と付けられています。
途中に出てくる強弱に関する演奏指示は「ppp」「pp」「mf」のみで淡々とした曲調ですが、その中でうねる様なメロディー、静かな低音を表現できたら良いなと思います。

いつもはあれを弾いてこれを弾いて、次々に楽譜を取り出して弾いていますが
今日は久しぶりにこの1曲を集中して練習出来ました。
強弱、ペダルの位置、一番出したい音、久しぶりに楽譜とにらめっこして考えまくってます。
やはり目標がはっきりしているとピアノの弾き方も変わってくるものですね。
あと1カ月、暫くはこの曲を楽しめそうです。



今回ブログを更新しなければ、こうしてオフ会に招待頂く事もなかった訳ですが
何でいきなりブログ更新して録画アップする気になったのかというと、単純に懐かしくなってしまったからです。

先月、色々と押入れを整理してたら懐かしのwebカメラが出てきた事。
そして外付けハードディスクが7台。(自分で言うのも何だけど多過ぎ)
適当にパソコンに繋いではデータを入れていた為に、もうどのディスクに何のデータが入っているか訳が分からない。
この機会に4~5台まとめて処分しようと思いデータを整理してたら、1台のディスクから昨年の録画データが出てきました。
「あれ、何でこのハードディスクから・・・・」
どうやらちゃんとバックアップしていたみたいで、暫く録画を見返してたら「あれから1年経つのか」とブログを思い出し、気になってしまったのです。

とりあえず1日更新してみようかな、という感じだったのですが1年前と変わらない暖かいコメントがもらえて本当に嬉しかったです。
長い間ブログ放置しておいてオフ会に参加させてもらうのも図々しいな、という気は今もしているのですが今回はお言葉に甘えさせて頂きます。
本当にありがとうございました。



「音楽は技術ではなくてハートだ。心に訴えかける演奏をしよう」
小学校の頃に習っていた先生の言葉ですが、時が経つほど意味が深く感じられ大好きになりました。
この言葉通りの演奏ができるように練習頑張りたいと思います。
1カ月後の「おんそうず3」とても楽しみです。
[ 2011/10/18 02:37 ] ピアノ日記 | TB(0) | CM(8)

KFC

今日の夜ご飯はケンタッキ~♪
kfc.jpg


ゼロシンはケンタッキ~のジューシーな鶏肉が昔から大好きなのです。
あの独特の味と香りがする衣とかたまりませんね!
ついでに国産なのはもちろん、産地までしっかり書いてあるので安心です。
まぁゼロシンそういうのあまり拘らないんですけど。一応高級感みたいな?
ちなみに今日のは千葉県産みたいですよぉ~。

こうやって文章入力している間にも少しずつ冷めてしまっているので早めに切り上げてしゃぶりついてきまふ、にゃふにゃふ。

ケンタッキ~♪
ケンタッキ~♪
鍵盤楽器~♪(*≧m≦*)ププッ

ごめんなさい、いってきます!
[ 2011/10/17 18:55 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)

【演奏録画】ディズニー

「その時歴史が」に続いてもう一つTV映画ジャンルで録画してみました。

1990年代のディズニーアニメ「アラジン」や「美女と野獣」から始まるミュージカル路線最後の作品「ノートルダムの鐘」です。

ゼロシンはこの作品の存在は知っていましたが、主人公が微妙だしミュージカルに全く興味が無いので今まで見ようとも思わなかったのですが、2008年頃だったかな、何かの拍子にたまたまネット動画でわずか5分程度のオープニング映像を見た瞬間、その映像と音楽の迫力に目を奪われ一気にこの作品のファンになってしまいました。

この物語は元々1831年に出版された「ノートルダムのせむし男」です。
主人公もヒロインも敵もみんな死んでしまうという凄まじいバッドエンディングなのを、ディズニーが子供向けにかわいい石像のドタバタ劇を入れたり、ハッピーエンドにして作り替えた訳ですが、元が元だけにどう頑張っても子供が笑い転げるような内容ではありません。

興業的(お金的な意味)には失敗作品だったみたいで、この後ディズニーはトイストーリーなどのCG作品へと移行していく事になるのですが、ゼロシン的にはこの作品はディズニーの中でも名作だと思います。むしろ石像のドタバタは入れなくて良いから最初から最後まで一気にシリアスで行って欲しかった位なのですが、以前私の姉が見た感想としては「ああいう遊び的なシーンが全くなかったらちょっと疲れるんじゃない?」と言ってたので実はバランス良いのかもしれませんね。

もし興味があったら是非とも、吹き替え版ではなく「英語のオリジナル版」をおすすめします。吹き替え版は劇団四季の人が歌っており決して悪くはないのですが、やはり日本語は流れるような音楽には向いていないと感じました。


さて、今回演奏したピアノ版ですが
「ピアノソロ ベスト オブ エクセレント ディズニー 2」
という楽譜に収録されております。

壮大なイントロの後に、物悲しくてメランコリーな主題ワルツを3通りの変奏曲で演奏して最後クライマックスでジャジャーンという感じで終わります。
ワルツって難しいですね><左手が踏み外しすぎて疲れました・・・
そんな訳でミスもたくさんしていますが、どうぞお聞き下さいm(_ _"m)


【アラン・メンケン作曲】
ディズニー ノートルダムの鐘【The Bells of Notre Dame】



新しいピアノ椅子

先日ネットで注文したピアノ椅子が到着しました。

何ともシンプルな構造で、組み立てはとっても簡単でした。
PA090233.jpg PA090231.jpg



足と足の間に小さい金属の輪っかを挟んでネジで貫き、最後に黒いプラスチックで回して固定するだけ。
ネジを通す穴は3個所あるので高さは3段階で調節可能みたいですね。
とりあえず一番低くして河合の椅子と比較して写真を撮ってみました。
PA090230.jpg


うん、なかなか座り心地は良いみたいです。クッションも柔らかいし変な金属音もしない。
河合の椅子は時々ギーコギーコ音がして気になっていたんですよね。

ただクッションが見た目以上に沈むので写真以上に低くなった感じがあります。
もう少し長く使ってみないと何とも言えませんが、一番低くするとちょっと低すぎる感があったので2段階目の高さで落ち着きそうな予感です。

あと1か月ほど使ってみて、今後も長く使えそうなら河合の椅子は処分になりそうですv
[ 2011/10/09 04:16 ] ピアノ日記 | TB(0) | CM(4)
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ

openclose

検索BOX・タグ一覧
プロフィール
ゼロシンへメール


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。