PageTop
月別アーカイブ  [ 2013年03月 ] 

マスクマスターの星

先日は春一番並みの突風が吹き荒れました。ゼロシンも飛んでいきそうでした。
電車は遅延するし、飛んできた看板で腕を骨折した人もいて何だか気の毒でしたね。

最近暖かくなってきてようやくインフルエンザも終わりかなと思ったら、次は花粉とPM2.5で心休まる暇もありません。
家を出れば行く人くる人みんなマスクです。
これだけマスクだらけの国ってあるのかってぐらいのマスク率です。
やっぱりこれだけ花粉とPM2.5で騒がれていれば『少しでも防げるならマスクでもしておくか』となりますよね。
去年は寒かったらしく、あまり花粉が飛ばなかったので今年はすごい事になりそうとも言われています。
恐いのでゼロシンもマスクしてます。

でもマスクの効果ってそれだけじゃないと思うんですよね。
いえ、むしろそれ以外の隠された効果こそがマスク最大の魅力であると言えます。
「え、インフルと花粉対策以外にマスクって役にたつっけ?」
はい、マスクって実はすごいんです!
以下をお読み頂ければ「あるあるー!」と思って頂ける事でしょう。


【1.にやけ対策】
電車の中、携帯電話でメールやホームページを見ている時に思わずにやけてしまう時ってありますよね。
笑っちゃいけない・・・笑っちゃいけない・・・あぁでも我慢できない・・・
周りの視線って気になりますよね。
そんな時はマスクさえしておけば気兼ねなくニヤニヤする事が出来ます。
少しぐらい口を開けて笑ってしまったって大丈夫!だ~れにも気付かれません!

【2.鼻歌対策】
我々ピアノを愛するピアノブロガーたる者、歩いている時も電車の中でも常に頭の中で音楽再生中!
発表会などが迫っていようものなら同じメロディーがもう無限ループ状態です。
自然と喉の奥から歌も出てしまうというもの。
しかしマスクをしていれば誰が歌っているのかすぐには分かりません!
でも周りの人達がキョロキョロ(¨*)(*¨)キョロキョロし始めたら一旦ストップです。

【3.虫対策】
女神の悪戯か、ブーーンと飛んできた虫が何かの拍子に鼻の穴にスポッ!と飛び込んでくるのを防ぐことが出来ます。
ゼロシンは以前、鼻に突撃ダイブしてきた虫を出すのに何度もフンッ!と息を吐き続け、最後は諦めて吸い込んで口から出しました。

【4.臭い対策】
狭く混雑した電車の中では、すんごい体臭のおじちゃんや、すんごい香水のきついお姉様が隣にきても逃げる事が出来ません。
しかしマスクをしているとかなり軽減する事ができます。
でもすんごい体臭の微粒子がマスクに残ってしまうので、あまり長く使わない方が良いかも・・・

【5.メガネが曇ると世界観が変わる】
息を吐き出すとどうしてもマスクと鼻の隙間から息が漏れてメガネが曇ります。
それを良いと思うか、悪いと思うかは心の持ち方次第!
ゼロシンは気にせず息をしています。そして曇りが晴れる瞬間を楽しみにしています。
その時、「あぁ、目が見えるって幸せだな」「世界ってきれいだな」と思っています。
ちなみにすれ違う人と目を合わせたくないなと思った時は思いっきり息を吐き出してメガネを曇らせます。

【6.息を止めていられる時間が長くなる】
当たり前ですが、メガネを曇らせたくない時は息を止めます。
遠くの文字を見たい時、携帯の画面をはっきり見たい時は息を止める為、自然と息を止める練習になります。
水泳とかで有利かもしれません。泳げませんけど・・・

【7.自分の口臭に気付ける】
マスクは外からの空気を通りにくくするだけでなく、中から外に行く空気も通りにくくなります。
そうすると自然と自分の吐いた息もリターンして吸い込む事になります。
その時に「うっ、俺の息くさっ!」と自分の口臭に気付くので、人と会う時とか事前に予防策を講ずる事が出来ます。
ちなみに不潔な話ですが数日間同じマスクを使い続けて臭くなっている場合は口臭ではなく雑菌の繁殖によるものなので、ほどほどに使ったら交換しましょう。

【8.鼻水対策】
電車の中とかでどうしようもない位に水鼻の時は、いくらティッシュで鼻をかいでも、鼻をすすっても垂れてきてしまいます。
さすがに鼻水が垂れている状態を見られたくはないので、そんな時はマスクをして必要最小限だけ鼻をすすって、後は降りるまで隠し続けましょう。少し位ならマスクが吸収してくれます。
臭い物には蓋をする、の精神です。


以上の様に、マスクはメーカーも表記していない様々な付加価値を持ったアイテムである事が分かって頂けたと思います。
冬と春だけマスクを付けている様では真のマスクマスターとは言えません。
一年を通じて装着し続けてこそ『春夏秋冬マスクマスター(しゅんかしゅうとうますくますたー)』の称号を手にする事が出来るのです。
マスクマスターへの道は遠く険しい。
ゼロシンはそんな称号はいらないのでもうすぐマスク外そうかな~と思います。

ちなみにマスクには正しいつけ方があります。
軽く調べてみましたので書いておきます。

●マスクの正しいつけ方
マスクには【上と下】 【表と裏】があるのはご存じでしょうか。
1箱100枚入りとかの安いマスクでもちゃんとあるみたいですよ。

●【上と下】を間違えると・・・
鼻とマスクがフィットせず空気が素通りするので、マスクをしている意味が殆ど無いです。
マスクの上部には芯のような硬いものが入っており、鼻の形に合わせて曲げる仕組みになっています。

●【表と裏】を間違えると・・・
表(外側)には大きいゴミを取り除くフィルターが、裏(内側)には細かいゴミを取り除くフィルターがあります。
表と裏を間違えると全てのゴミが裏のフィルターについてしまい、通気性が悪くなります。
通気性が悪くなると『鼻、頬、アゴ』の隙間から空気の出入りが増えてしまいマスクの効果が落ちてしまいます。
また、内側の方が肌触りの良い素材が使われている事が多いみたいです。

※よくネットの質問掲示板等でベストアンサーに「耳に掛けるゴム紐とマスクの接着面が表です」などの記載がありますが誤った情報です。
ゴム紐の接着面が表のマスクも裏のマスクもあります。
まずはマスクの上下を確認して、次にマスクのヒダヒダが下向きになる方が表(外側)です。
マスクの説明書も確認してみましょう。


●花粉用と風邪用
花粉とインフルでは細かさが違います。
こちらのサイトに花粉とウイルスの分かり易い比較表があります。
http://www.chugai-kouki.co.jp/environmental/mask.html
インフルは花粉よりずっとずっと小さいです。
つまり花粉対策マスクでは極わずかなウイルスしか対応できないという事です。
逆にインフル対策マスクは花粉対策もバッチリです。
花粉対策インフル対策
花粉対策マスク×
インフル対策マスク


しかし目の細かいマスクは息苦しくなる為、ついうっかり外してしまったり、正しく装着出来ていなくて脇から息が素通りしていたりという事があります。
マスクは気軽に買って装着できる反面「そこを通過した空気だけ清浄している」という実はなかなか使いこなすのが難しいアイテムだったりします。
とにかくマスクだけに頼らず、しっかり手洗いうがいをしてよく寝る事が大事ですね。
気温の変動が激しい季節ですので、体調管理には気を付けていきましょう~♪

[ 2013/03/16 23:34 ] 雑記 | TB(-) | CM(10)
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事リスト
2013年03月の記事
カテゴリ

openclose

検索BOX・タグ一覧
プロフィール
ゼロシンへメール