PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【おんそうず5】に行ってきました!


先日の6/15は楽しい楽しい音楽のオフ会に参加してきました。
今までに2回参加させて頂いているので、今回が3回目になります。

『おんそうず5 ~垣根のない音楽会~』
8時間が一瞬で過ぎ去る脅威の音楽イベントです。
これじゃ時間がいくらあっても足りませんね。

今回フルートとオカリナはありませんでしたが、歌、リコーダー、ギターで大いに盛り上がりました。
ミニゲームやプレゼント交換や参加者全員で連弾と、内容も本当に盛りだくさんでした。

なお今回、ゼロシンはBGMタイムに会社から仕事の電話が来たり、コタくんと風船バレーをやったり、折り紙で「飛び跳ねるカエルっぽいやつ」の作り方を伝授頂いていた為、その間BGMをあまりよく聞いていませんでした。なのであまり演奏についてはコメント出来ませーんw
なお「飛び跳ねるカエルっぽいやつ」はマスター出来ませんでした。(途中までは覚えてますが・・)
師匠!せっかく教えてくれたのに申し訳ありませんでした!!
はぁー、折り紙やると自分が超不器用なのを思い出すなぁ~
「ねぇねぇ、不器用なの?」
うるさーーい、不器用じゃーい!



ゼロシンが演奏した曲は6曲です(グルグル入れて)
-----------------------------------------------

●マーチ 変ホ長(バッハ)
アンナマグダレーナ音楽帳の1曲でとっても元気の良い曲です。
昔から好きで弾きこんであった曲なので、そこそこ普段通りに弾けたかな~。


●のどかな家並み(ドラクエ7より)(すぎやまこういち)
偶然に魔王の手から逃れ、世界で唯一助かった平和な海辺の村。
その村で漁師の父と暮らす主人公。物語はこの音楽で幕を開けます。
平和に暮らす人々の営みを感じさせる曲です。
スタッカートとペダルの使い分けが難しかったです^^;


●やすらぎの地 (ドラクエ7より)(すぎやまこういち)
主人公の活躍によって魔の手から救われた町で流れる曲です。
3度和音の進行がかなり難しい曲でした。
うるさくならない様に抑えて弾いたつもりだったけど、どうだったかなぁ^^;


●フーガ ト短調(バッハ)
らべんだーさんからリクエスト頂きましてBGMで演奏しました。
そこまで鼻血演奏だったとは嬉しい限りです!
去年のおんそうず以来全く弾いてないので途中暗譜が飛びそうになりましたが何とか最後までいけました。
弾き始めたらいきなりシーンとしたんでソロよりも緊張しました。らべんだーさんが振り向いて「喋って!」っていう気持ちが少し分かりましたw
でも今回のってらべんだーさんによる無言の喋るな指示が発動していた様な気が・・・(滝汗


●主よ人の望みの喜びよ(バッハ)
こちらはトマトさんからリクエスト頂きましたのでBGMで演奏しました。
いや~なんか自分の演奏を楽しみにしてもらえると嬉しいやら恥ずかしいやら・・・
ゼロシンなんかの演奏で申し訳ないです。


●ぐるぐる「童謡カレンダー」
綺麗で切ない音の日本音楽バージョンでした。
ゼロシンはラベンダー将軍、トマトさんと9月~11月まで。
リハの時には間違えまくってしまい、将軍様から「王子、練習してないでしょ!」って言われちゃいました。
確かに楽譜を印刷したのは4日前位でしたが、猛スパートかけたので練習はしっかりしました!
リハで間違えちゃったのはオクターブ位置の混乱とかペダルの音色を確かめたりしてたからだと思います!
本番は大丈夫だったので安心しました(*^-゜)vィェィ♪

-----------------------------------------------




一人一人の詳しい演奏については、きっと誰かが書いてくれるかな。
ゼロシンは簡単に一言。書く順番も順不同で適当でしでし・・・

-----------------------------------------------

★Sleepingさん
今回もExpとして神聖なる儀式で演奏順を決めたり、優しい笑顔で溢れ出る将軍様のオーラをベールに包みこんだりと大活躍のSleepingさんでした。
あ、でも今回将軍様はあまりお酒を飲んでいなかったので逆に包み込まれちゃっていたかもしれません。
今回は珍しくベートーベンのソナタでしたが、Sleepingさんらしい少し軽やかで丁寧なベートーベンでした。
実はベートーベンって弾き方によっては凄い繊細な音楽になったりもするんですよね。
モーツァルトにベートーベンにショパン、Sleepingさんは毎回会うたびにどんどんパワーアップしてるので次も楽しみです。
Expのバトンタッチをし損なった感が漂っていますが次回はどうなるのか。
ラベンダーさんとSleepingさんの2大院政っていうのも個人的にはゾクゾクします。


★もでらーとさん
Sleepingさんと同様、とってもパワーアップしたのが感じられました。
前回は放心状態での演奏だったようですが今回は暗譜で頑張っておられました。
緊張のせいか途中で暗譜が飛んでしまったのは惜しかったですけど、メロディーを綺麗に歌っている演奏でした。
シューベルトってよく知らないと思ったら、どこかで聞いた事があるって事が多いですね。
あとリコーダーを頑張って吹いている姿かわいかったですw
個人的にはBGMをもう1曲弾いて欲しかったかな~


★らべんだーさん
パワフルなタッチの振動は地表を突き抜けマントルまで届いているんじゃないかと思わせる男前な演奏でした。
その反面、くろねこさんとの連弾でオクターブのトレモロはとても繊細で正確なタッチでした。
どちらにしても言えることは「かっこいい!」
今回ようやくゼロシンも念願のよしよしをしてもらえましたが、あまりにもいきなりすぎてよく分からず、よしよししてもらって少し経ってからだんだん恥ずかしくなってきまして顔が赤くなっちゃいました(*ノノ)キャ
次は椅子に座っている時にゆっくりよしよししてあげて下さい(*´ェ`*)


★コタ君
Sleepingさんのブログで以前に写真を見たことはありましたが会ったのは初めて。
その人懐っこさにビックリしましたw ほっぺたプニプニ頭なでなでさせてもらいました。
お母さん大好きーで本当にかわいかったです^^
折り紙も教えてもらったけど1回じゃとても覚えられません~~ごめんよー!
ソロも連弾もしっかりクレッシェンドとかフレーズで息継ぎしていて立派な音楽になってました。
そのうちもっと音数の多いかっこいい喜びの歌が弾けるようになるといいな~って思いながら聴いてました。


★タワシさん
おんそうずに居なくてはならない天才的な伴奏の実力。
タワシさんが居なかったらおんそうずの最大の魅力である「おっさんずの歌」が聴けなくなっちゃいます!
なんで弾けるの??それはきっとおんそうず第10回になっても謎のままです・・・
またソロ演奏の最後に相応しい素晴らしいショパンのマズルカの演奏でした。
CDとかで聴くとマズルカって退屈な曲に聴こえてしまうのですが、タワシさんの演奏は躍動感とか迫力があってマズルカの魅力がビシバシ伝わってきます。ブログにアップされている小曲も素敵ですが、ショパンの曲を演奏されるタワシさんはタワシワールド全快で凄いです!
ブログの録音と生演奏の音がかなり違うので、多くのタワシワールドファンには是非生演奏を聴かせてあげたいですね。
とびたかさんとコラボの伴奏もかっこよかったです。「それってジャガリコー!」はかなりうけましたがw
タワシさんにこんな突っ込みやらせるとは、とびたかさん恐るべし・・・


★エラニユースさん
前回のショパン(ピアノ協奏曲)やその前のギロック(ソナチネ)もそうですが、弾く前に全然ダメっぽい事を言っておいて弾いたら実は上手いというエラニユースさん。
真夜中の火祭、とてもかっこよかったです!!スタッカートとかで焦ってしまいそうな曲ですけどテンポが安定していて歯切れも良くって、最後まで楽しませてもらいました。
一番最後の「んっ」だけは可笑しかったですがw
あの瞬間は誰もが「そこは言わなくてよかったでしょ!」と突っ込んでたと思いますw
ちなみにBGMではゼロシンが何を弾くのか興味を持って下さってましたよね、ありがとうございます。リクエストがありそうだったので言わなかったのですが、もしリクエスト誰からも頂けなければフォーレのレクイエム第3曲(Sanctus)とかヘンデルのサラバンドとジーグを弾く予定でした~。またいずれ機会があれば弾きたいと思います^^
エラニユースさんも遠方からのご参加、お疲れ様でした。


★のんびりくろねこさん
今回はドビュッシーの穏やかな曲と、連弾のスピード感溢れる曲でバラエティーに富んでいました。
月の光は高音が優しく響いていて綺麗な音でした。右手と左手の音のバランスが素晴らしく、きっとたくさん弾きこまれたんだろうな~って思いました。
連弾は低音部のメロディーが躍動感溢れていてかっこよかったです。モーツァルトにもこんなベートーベン風のかっこいい曲があったんですね。選曲はらべんだーさんかな?w
そしてリコーダーの音も素敵でした。
メロディーラインではありませんでしたけど低音の温かい音、優しく撫でるような柔らかい装飾音がとても素敵でした。
くろねこさんにしか出せない心を慰めてくれる様な音ですね。
この素敵な音と合わせられる日がとても楽しみです。


★トマトさん
今までブログでは何度もコメント頂いておりましたが、お会いするのは今回が初めて。
なんか凄い「しっかり母さん」っていうイメージを持っていたので、お会いしてみたらとっても可愛らしい方でびっくりしました。
初参加だけどゼロシンよりなじんでるんじゃないかって位、すっかり溶け込まれていましたw
とっても手の形が綺麗で、鍵盤の上を優しく撫でる様に弾かれており、思わず演奏されている姿をうっとり眺めていました。右手が飛ぶ箇所とかオクターブも正確に弾かれていたし、強弱のメリハリもしっかりしていて本当に素晴らしい演奏でした。
あと「主よ~」のリクエストもありがとうございました。
あんなにじっくり聴いて頂けるなんてゼロシン幸せ者です(*´ェ`*)
遠方からのご参加も本当にお疲れ様でした。お会い出来て嬉しかったです。
毎回と言う訳には行かないでしょうか、またお会い出来るのを楽しみにしています(*^^*)


★kassiさん
少しずつショパン男子に近づいている気がするカッシーさん。
とても表情豊かな演奏をしていて、「やっぱり歌を歌う人ってピアノでも歌えるんだな~」なんて思いながら聴かせて頂きました。
カッシーさんはいつも暗譜ですが、ショパンのワルツも暗譜でした。
楽譜見ながらじゃ弾けないって謙遜されてましたけど、やっぱりショパンのワルツを暗譜で弾かれてしまうのって凄いですね。
おんそうずの名物であるばんちゃん父さんとの素敵な歌のコラボも盛り上がりますね!
練習無しでいきなり歌声をはもらせるのってピアノよりも難しそうに思ってしまいますが、いとも簡単にやってのけてしまうのがおっさんずです!かっこよすぎるよ!!
自己紹介タイムでは自己紹介中、ずっとコタくんをいじりながら話しているのが印象的でした。


★dyneさん
爽やかな笑顔がとっても素敵なおんそうずのBGMノート管理者!
声もおっとりしているので一緒に話をしているだけで心が落ち着く、そんなdyneさんは完全なショパン男子。
プレリュード20番の出だしを聴いた時は「ショパンのプレリュードってこんな激しいのもあるんだ」と驚きました。テンポの難しい曲でしたがとても丁寧に歌い上げていました。4番もテンポのコントロールや装飾音にショパンへの愛が感じられる演奏になってました。
あ、でもシューベルト男子でもあった気がします。
ついでにゼロシンと同じもやし男子でもあります。
dyneさんにはコラボ物が(ぐるぐる以外に)なかったのでBGMでもうちょっと聴きたかったな。
っていうかベニスの舟歌、聴き逃したーー!><


★葉月さん
今回、裏の裏の、そのまた裏のExpとして参加して下さった葉月さん。
宝塚を思わせる芯のあるしっかりした歌声で、とてもかっこよかったです。
ミュージカルがお好きみたいだったので、知ってるかな?と思いノートルダムの鐘の話をしてみたら実際に行かれた事もある様で、色々と話を聴かせて頂きました。
プレゼント交換ではゼロシンとの交換になってしまいましたねw
ちなみにゼロシンのプレゼントにはプラチナ万年筆社の「ゼロシン」という結構レアなシャープペンシルが入っていました。ペンに「zeroshin」というタイトルが印字されていたのでプレゼント当てで分かるかなとネタでもあったのですが・・・w
ゼロシンが頂いたプレゼントには素敵な音符のタオルとかわいいビールジョッキのてぬぐいが入っていました♪
男性向きのプレゼントだったのでゼロシンにピッタリですね!
また次のおんそうずでも素敵な歌を聴かせて下さい^^


★とびたかさん
今回、初のぐるぐるに参戦!
ゼロシンは正面からとびたかさんの表情を観察しておりましたが、来たる時に備えて自分が叩くべき鍵盤1点だけをひたすらジッーと睨み付けるとびたかさんの目は、まさに1km先のネズミを狩るフクロウの目そのものでした。もうゼロシンの目はとびたかさんの表情に釘付けでした。
そして今回の咆哮にはやられましたね。まさかその話で来るとは思いませんでした。途中からちょっと汗がひどくて何も見えなくなりました。
きっとこれからもずっと見守っていてくれるんじゃないかなって思います。
力のこもった素晴らしい咆哮、聴かせて頂いて本当にありがとうございました。


★ばんちゃん父さん
マイウェイは英語だったので全く意味が分かりませんでしたが、父さんの優しい歌声にうっとり聴き惚れていました。
発音も柔らかくて大変美しい気がしました(英語が苦手なので何と言ってるのかは聴き取れませんでしたが)
前回は「花は咲く」でもらい泣きしてしまい、歌っている父さんも、聴いているこっちもお互い涙を堪えるのに必死でしたので、今回はそういう事は無かったので楽(?)でした。
それにマイウェイって確か「俺は自由に生きるぜ、あばよ!」的な結構どうでもいい歌詞である事を聞いた事があるので純粋に音楽として楽しみながら聴かせてもらいました。
ミニゲームもとーっても楽しかったです。
やっぱりおんそうずはばんちゃん父さんに会える事も一つの目的なんだな~って思いました。


★ばんちゃん
今回もますます演奏に磨きがかかって素晴らしい音楽を聴かせて頂きました。
技術的には前から凄くてコメント出来る立場にはないのですが、回を重ねる毎にどんどん楽しそうに演奏している気がします。
ショパンのスケルツォは細かい動きが多くてとても普通の人には弾けそうもないな~って思いながら聴いていました。
逆にモーツァルトのソナタは何とか弾けるかもしれないけどペダルをどこで踏んで良いのか分からなくて滅茶苦茶かっこ悪い演奏になってしまったりするので、こういうのをばんちゃんが弾くとやっぱり次元が違うな~というのがよく分かります。
英雄ポロネーズもなかなかこの距離で生演奏聴くことは出来ない曲ですよね。
いつもながら素晴らしい演奏をありがとうございます。


-----------------------------------------------



あっという間に終わってしまいましたが、とても楽しい時間でした。
次は11月という事だしすぐにやってくると思うのでせっせこ練習頑張るぞー!



スポンサーサイト
[ 2013/06/20 04:20 ] ピアノ日記 | TB(-) | CM(23)

【録画】テレマンのfantasie

5月からテレマンのクラヴィーア小曲を録画してきましたが、一旦これで区切ろうかなと思います。
ピアノオフ会が迫ってきましたので録画してる場合じゃなくなってきたしね・・・(^。^;)
最後にテレマンのクラヴィーア曲で傑作と言われているfantasieから1曲録画してみました。

「fantasie」を日本語に訳すと「幻想曲」となっちゃいますが、夢心地とかロマンティックの意味は全くありません。
特定の様式に当てはめない自由形式の楽曲で、即興性があったり、奇抜な和音やテンポで激しい楽曲も多いです。
バッハだとフーガとセットで使ったりしていますが、テレマンのは独立した曲になっています。

今回のfantasieはゆったりした曲調だったのでレガートで演奏しましたが、本来はチェンバロ曲なので全ての音をノンレガート(或いはスタッカート)で演奏するのもアリだと思うよっ。


【G.P.テレマン】
【fantasie 1-5-1 ヘ長調】




これで一旦テレマンの録画は終わりー。
拙い演奏ですが少しでもテレマンに興味を持ってもらえたら嬉しいです。
まだまだ、他にも素晴らしい曲がたくさんありますよ(*^^*)


[ 2013/06/07 23:48 ] バロック テレマン | TB(-) | CM(6)
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ

openclose

検索BOX・タグ一覧
プロフィール
ゼロシンへメール


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。