PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【録画】一人アンサンブル シャミナードのコンチェルティーノ


先月の話になりますが、あるフルート奏者の方とスタジオを借りてアンサンブルをやってきました。
スタジオに行く途中で楽譜を買い込んで、お互い初見で色々とアンサンブルをしたのですが、ピアノを弾く人と比べてフルートというのは当然ですが息継ぎがあるのでフレーズを意識して初見演奏をするんだな~と強く感じました。スラーなんてピアノだと何の気なしに弾いてしまいますが、最終地点にむけた強弱やスピードの変化などは良い刺激を頂きました。

その時に相手方の希望でシャミナードのコンチェルティーノという曲を合わせました。
シャミナードという作曲家はあまりピアノ弾きには知られていませんが、クラシックフルートをやっている人にとってはこの曲を知らないとモグリって言われるほど最近は定番曲になりつつある様です。
いきなり初見での伴奏はちと辛かったのですが、大変美しい曲でフルートという楽器の魅力を最大限に引き出す曲でした。
ゼロシンもこの曲の美しさに「ブログで紹介してみたいな」と思い、今回の録画に至りました。


今回は少し趣向を変えて、自分の録音に合わせてアンサンブルをやってみました。
いや~、我ながらアホらしい事を真面目にやってるなぁと途中で思わず苦笑しながらの録画でしたが、まぁデジタルの楽しみ方の一つって事で大目に見てやって下さい。
長い曲なので、いずれも冒頭部のみの録画となっております。

さて今回、演奏した(セシル・シャミナード)はフランスの女性作曲家・兼ピアニストです。
1857-1944なので割と最近まで活躍された方ですね。近代フランスらしくない親しみやすいメロディーが多いみたいです。
詳しくはウィキペディアをご覧くださいませ(手抜きですいません・・・)


コンチェルティーノとは「小さい協奏曲」という意味だそうで、この曲は愛する彼(フルート奏者)の為に書いた恋の曲らしいです。
なるほど、彼女歴無しのゼロシンにも熱い気持ちがビシバシ伝わってきましたよ!
これが恋なのかーーっ(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!
あ、暑苦しくてすいません\(;゜∇゜)/


演奏したのは冒頭部のみです。
全部で12ページある長い曲ですが、その中の3ページだけになります。
その3ページをこちらにアップさせて頂きますので宜しければご覧下さい。
クリックすると大きくなります。
Chaminade_Concertino_score001.png Chaminade_Concertino_score002.png Chaminade_Concertino_score003.png




【伴奏のみ】
もし宜しければメロディーだけでも合わせて弾いてみて下さい。
意外と楽しいかもしれませんよ^^v
フルートでもリコーダーでもピアノでも・・・口笛でも・・・v




【口笛独りアンサンブル】
さぁ、やってしまいました。こんなのアップして良かったのか。
リコーダーもフルートも吹けないゼロシンの必殺技、口笛!(いや、下手なんですけどね)
高音部がかすれて音が出ないよ。息継ぎどこですれば良いのか全然分からないよ。
たった1ページだけど、もうやり直しばっかりで唇がカサカサでやばいです。
始めにリップクリーム塗っときゃ良かったよ・・・あ、でも塗ったら音が出ないかなぁ・・・

録音に使用したマイクはSHURE(シュアー社)のBeta 57Aという楽器用ダイナミックマイクです。
以前ピアノの録音用に買ったんですけど、あまり使わずに別の録音方法に切り替えてしまったのでずっとスヤスヤ眠っていたのを叩き起こしてきました。
でもこの機種は息の吹き込み(ブレスノイズ)には弱い事で有名だった様で、ちょっと口笛録音には向いてなかったみたいですね・・・
beta-57A.jpg

始めの1ページだけの演奏になりますがよろしければお聴きくださいませ




【ピアノ独りアンサンブル】
伴奏に合わせてメインメロディーをピアノで弾いてみました。
いや~自分の伴奏なのになかなか合わないもんですね。これじゃ他の人はもっと無理だよなぁ(^。^;)
特に後半の3連符が全然合わないんだけど、そこはご愛嬌って事で><b





今回はなかなかお聞き苦しい演奏で失礼しましたm(_ _"m)


スポンサーサイト
[ 2013/10/31 00:14 ] フランス シャミナード | TB(-) | CM(19)

【録画】おんそうずアンサンブル

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2013/10/24 20:06 ] ピアノ日記 | TB(-) | CM(-)

聴けなくなっている録音について

現在、ブログに掲載している録音データが聴けなくなっております。
理由としては契約していたwebサーバーが9月中旬で期限切れとなっており、アップロードしていたデータが削除された為です。
(youtubeに投稿した動画につきましては問題ありません)

検索サイトから曲名指定で当ブログにお越し頂いている方がいらっしゃる事も存じております。
大した演奏ではありませんがそれでも期待してご訪問頂いた方には大変申し訳ないと思っています。
録音データはバックアップしてありますので別のサービスを借りるか、動画に変換してyoutubeにアップするか、またはこの機会に録画し直すか、色々と考えております。

現在聴けなくなっているのは以下の録音です。
シューマン 楽しい農夫
カバレフスキー トッカーティナ
讃美歌60番
讃美歌64番
讃美歌66番
讃美歌80番
讃美歌98番
讃美歌103番
讃美歌107番
J.S.バッハ ポロネーズ ト短調
J.S.バッハ マーチ ニ長調
C.P.Eバッハ ソルフェージェット
イギリス国歌
ドイツ国歌
イスラエル国歌
カバレフスキー かなしい物語
カバレフスキー みじかいお話
カバレフスキー ソナチネ
カバレフスキー バラード
グリーグ ハリング1
グリーグ ノルウェーの旋律
グリーグ 祖国の歌
グリーグ 船乗りの歌
マザー2 白蝶貝のネックレス
ブルグミューラ 25の練習曲21番(天使の声)
ブルグミュラー 25の練習曲19番(アベマリア)
日本香堂 青雲の歌
シベリウス 思い出
聖剣伝説2 天使の怖れ
徹子の部屋


一番始めの段階でもう少しよく考えておけばこんな事にはなりませんでしたね。


[ 2013/10/20 23:32 ] ピアノ日記 | TB(-) | CM(0)

【録画】デジタル音色でもみじ

どうもこんばんは!
明日は10年~20年に一度の大型台風接近という事で、外はかなり風も強くなってきた様子。
今はとても「もみじ」っていう雰囲気じゃないんですけど、でも深夜にもみじを弾いてみました!


1911年に発表の曲という事ですので、今から100年くらい前の曲なんですね。
NHK児童合唱団の「こどもの歌」で有名かもしれません。
音楽はもちろん、歌詞もとても美しく、これぞ日本の音楽って感じですね。


今回、演奏に使用した音色は「クリスタル E.ピアノ」というデジタルピアノの音色です。
キラキラしていてちょっと切ないオルゴール風にしてみようかなと思って選んでみました。
ガラス工芸品のお店とかに流れる音楽っぽく。
楽譜がありませんでしたので適当に伴奏付けて弾いてみました。なんちゃってコード弾きですね。
原曲と音が違ったらすいません。もし何かあれば遠慮なく指摘して下さいませm(_ _"m)


それと、今回録画の角度を失敗して頭が入りまくってしまったので画面左にモザイク入れました。
見られて減るもんでもないんですけど、恥ずかしいので一応隠しました。(*ノノ)
お年頃の日本男児なのです!いや、もうすぐおっさんの仲間入りですけどね!

【岡野貞一】
【もみじ】





追記

NHK児童合唱団の演奏がありました。
こういうのはさすがNHKですね、レベルが高いです。



作詞:高野辰之
作曲:岡野貞一

秋の夕日に照る山紅葉(やまもみじ)
濃(こ)いも薄いも数ある中に
松をいろどる楓(かえで)や蔦(つた)は
山のふもとの裾模様(すそもよう)

渓(たに)の流(ながれ)に散り浮く紅葉
波にゆられて離れて寄って
赤や黄色の色様々に
水の上にも織る錦


[ 2013/10/16 02:45 ] 日本 抒情歌 | TB(-) | CM(10)

【録画】シベリウス 松の木


シベリウスの作品は2007年に没後50年を迎えて著作権切れとなり、それ以降いろいろな作品を目にする機会が増えました。
日本では以前から全音出版社が幾つか出版していましたが、最近はドレミ出版社なども参入して安価で充実したピアノ楽譜が揃ってきたなと感じます。輸入盤しかない時って1曲4000円とかホント大変ですからね。

シベリウスは花や木など植物にちなんだ楽曲を幾つか作っています。
いずれも北欧の情景を感じさせる素敵な作品だと思います。
日本ではピアニスト舘野泉さんによって「樹の組曲」と名付けられ広く親しまれている作品Op75から2曲目の「松の木」を演奏してみました。

「The Solitary Fir Tree」という題名で、日本では一般的に「孤独な松の木」と訳されております。
確かに辞書的には「孤独」で良いのですが、しかしゼロシンはこの訳があまり好きではありません。
「孤独な」という表現は人間的な感情表現で一人ぼっちみたいですが、この曲から感じるのは北欧の冷たい大地に力強く根を張り、雄大にそびえる1本の松の木なのです。
音楽の翻訳って難しいとは思うんですけど、余計な感情移入を防ぐためにもシンプルに「1本の松の木」これで良かったのではないかな~、なんて思います。

あと、日本人がよく想像する松の木と、ヨーロッパの松の木は種類が別物みたいです。
日本の松って枝がうねうね~してますけど(写真左のクロマツとか)
ヨーロッパはすーっとスリムな一本松です(写真右のヨーロッパアカマツ)
japanmatu.jpg pinus-sylvestris.jpg


【シベリウス】
【Op75-2 松の木】




[ 2013/10/02 16:47 ] 北欧 シベリウス | TB(-) | CM(6)
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ

openclose

検索BOX・タグ一覧
プロフィール
ゼロシンへメール


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。