--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04.06
Sun
オスカル・メリカントはあまり有名ではない気もしますが、シベリウスやメラルティン等と同時代のフィンランドを代表する作曲家です。
存命中はシベリウス以上の評価を国内で得ていました。
フィンランドのヘルシンキに生まれ、シベリウスより3歳年下です。


今回演奏したのは「子供の世界から」という楽譜集の最初の曲で難易度もとても易しいです。しかし後半には6連符に7連符を合わせたりオクターブ+2の和音が頻繁に出る曲などもあり、必ずしも小さい子供向け~初心者向け曲集という訳でもないのかもしれません。

【オスカル・メリカント】
【お祈り】



メリカントはヘルシンキのヨハンネス教会で生涯オルガニストとして活躍しました。
きっとこの曲は讃美歌のようなイメージなのでしょうね。



関連記事

comment 2
コメント
こんばんはー^^v
メリカントの曲は演奏される機会も少ないですので、ネットとかで自分から探しに行かないとなかなか聴くことは出来ないですよね。ネットでも「ワルツ」とか「梢の上の高みにて」とか一部の代表曲だけで、今回ゼロシンの弾いた曲は上級者さんは見向きもしないですからね^^;検索しても演奏動画とか出てこないし・・・
この曲はブルグミュラーでいうと「アヴェマリア」みたいなもんですかね~w


>今日は、たまにはv-12ピアノの練習しようかと思ってます。
>(たまには、ってなんだーーー!?)

あらあら、ダメですよぉ~
くろねこさんはせっかく実力があるんですから弾かなきゃもったいないです!
・・・とは言っても、なかなかお忙しい様ですね^^;
長男君も給食卒業しちゃったし毎日お弁当でしょうか、大変ですよね~><b
新年度でお仕事も心機一転でしょうし、焦らずゆっくり頑張って下さいね!
また合わせられる日を楽しみにお待ちしてまーす!
ゼロシン | 2014.04.13 21:57 | 編集
メリカントの曲って初めて聴きました~♪
人の名前はなんとなく聞いたことあったんだけど。
素朴でやさしくてあたたかい雰囲気の曲ですね。
素敵でした!
今日は、たまにはv-12ピアノの練習しようかと思ってます。
(たまには、ってなんだーーー!?)
のんびりくろねこ | 2014.04.13 12:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。