04.08
Tue

前回の続きでオスカル・メリカントの小曲です。
スウェーデン人の両親の間に生まれ、オスカル・マッツォンとなるはずでしたが父親の代でフィンランド人らしく改名してメリカントになりました。
オスカル・メリカント(1868-1924)にはアーレ・メリカント(1893-1958)という息子がおり、父親以上に国際的な評価を得ています。そのため「メリカント」だけだと息子と混同してしまう場合もある為、オスカルと表記した方が良いみたいです。

幾つかの曲を弾いてみると、ド・クラシック!というよりはポップスや民謡の様な親しみやすいメロディーが多い感じがします。
穏やかで温厚な人柄だったのかなと感じますね。
今から90年前に亡くなっています。もうすぐ没後100年ですね。


【オスカル・メリカント】
【おやすみ、私のお人形(子守歌)】
さぁ、早く再生ボタンをオスカル!




関連記事

comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top