PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【録画】里の秋


秋に弾け!(挨拶)


もうすぐ3月ですね。
来週頃には春一番が吹くとか吹かないとか言われていますがいかがお過ごしでしょうか。
まだまだ寒い日が続いていますが少しずつ春の足音が聴こえてきそうなこの時期に、秋の抒情歌を選曲しちゃってるゼロシンです、こんばんは。


今回は「里の秋」を録画してみました。
1948年(昭和23年)に発表された心を癒される抒情歌です。
歌詞も最近の英語まじりなポップスと比べると美しいですね。
------------------------------
しずかなしずかな 里の秋
お背戸(せど)に木の実の 落ちる夜は
ああ かあさんとただ二人
栗の実にてます いろりばた

あかるいあかるい 星の空
鳴き鳴き夜鴨(よがも)の 渡る夜は
ああ 父さんのあの笑顔
栗の実食べては 思い出す

さよならさよなら 椰子(やし)の島
お舟にゆられて 帰られる
ああ 父さんよ御無事(ごぶじ)でと
今夜も母さんと 祈ります
------------------------------
ちなみに3番の椰子(やし)の島というのは日本軍が展開していた南方の島々の事です。
太平洋戦争が終わり、きっとお父さんは船に乗って南方の島に別れを告げ、生きて帰ってきてくれるという願いを込めて歌われるんですね。
特に南方からの生還率はかなり低かった為、この歌が多くの日本人の心を掴んだのでしょう。


私はこの曲を学校で歌った記憶がありません。最近の子供達もあまり歌う機会は少ないと思います。
都会に住んでいたらお山で栗の実を拾い集めて煮るっていうイメージも湧かないと思いますし、いろりばただって無いしね。お背戸って何?船?飛行機で良いじゃんってな感じだと思います。
消えゆく日本の抒情歌。
この歌もその時代の役割を果たし、徐々に忘れられていく曲なのかなという気がしますね。


【里の秋】
【海沼 実】
1回しか繰り返してませんので脳内で3番歌って下さい(*ノノ)



関連記事
[ 2015/02/21 01:23 ] 日本 抒情歌 | TB(-) | CM(12)
アルハンブラさんへ
おぉーお越し下さってありがとうございますヽ(^◇^*)/
先日は遠方からのご参加お疲れ様でしたー
本格的なギターのクラシック、たっぷり堪能させて頂きました。次回また機会があれば是非スペイン組曲なんていかがでしょうか!?

>学校の唱歌でしたら、COSMOSなんかすきですね~。

最近の唱歌にも綺麗な曲はたくさんありますね~^^
アルハンブラさんもジャンル問わず色々とお話し出来そうで、またお会い出来たら素敵なギター聴かせて下さいねーヽ(*^^*)ノ
[ 2015/03/05 01:32 ] [ 編集 ]
どうも!
土曜日はお疲れ様でした。

純粋クラシック以外も良い曲はたくさんありますね!
ゼロシンさんはクラシックもかなりこなしそうですね。

学校の唱歌でしたら、COSMOSなんかすきですね~。
またの再会を楽しみにしてます。
[ 2015/03/04 22:37 ] [ 編集 ]
タワシさんへ
先日はお疲れ様でした~^^
はい、タワシさん・・・確か前回もでしたがフライングでございますよww
おんそうず翌日から仕事なものでまだ記事に手が付けられてませんが、そろそろゆっくり思い出しながら書こうかなと思ってます~^^


>小フーガト短調ブラボーでした、いやもう、すばらしすぎで反則です。

フーガお褒め頂いてありがとうございます(*^^*)
こうしてリクエスト頂いて何度も演奏する機会をもらえて本当にありがたいなと思ってます。昔から大好きだったこの曲を演奏したら喜んでもらえる、こんな体験が出来るなんて夢のようなんです。本当に私もみなさんに感謝感謝です。
里の秋も聴いてくださってありがとうございます!確かタワシさんの唱歌メドレーにも入っていましたね。あのメドレー本当に輝いていて素晴らしかったのでまた是非聴かせて欲しいです。

タワシさんもお忙しい中おんそうずの記事アップされたんですね、後ほど伺わせて頂きます~^^v
[ 2015/03/04 03:09 ] [ 編集 ]
おんそうずお疲れ様でした。たぶんこれから記事がアップされると思い楽しみにしていますが、フライング承知で言わせてください、小フーガト短調ブラボーでした、いやもう、すばらしすぎで反則です。

それだけの実力者のゼロシンさんが、こんな素朴でシンプルな唱歌を、一切手抜きなしに、心をこめてしかもさらりと弾く・・・
こんな演奏聴けるのは幸せですね。おんそうずでもリクエストすればよかったかな~
次回よろしくです。
[ 2015/03/03 08:40 ] [ 編集 ]
Yukinagiさん
繰り返し聴いて頂いてありがとうございます。
とても嬉しい感想です。
思い入れ・・・そうですね、私も戦争を知らない世代ですので時代背景を直接実感する事は難しいのですが、家族を想う気持ちだけはどの時代も同じですね。「ああ 父さんよ御無事でと 今夜も母さんと祈ります」この部分に全力で気持ちを込めて弾いたつもりです。何か感じるものがあったら嬉しいです。


>最近、ドラクエが好きで、ずっと接してきたからドラクエの曲を弾くという方がおられましたが

良いですねー^^そういう方大好きですw
年齢なんて気にせず好きな曲を思いっきり楽しまなきゃ損ですよね!
私も今週はオフ会に参加してきますが、みなさんショパンやドビュッシーやバッハを演奏する中で、渾身のドラクエを演奏してきますよ(^O^)
ドラクエⅥ(幻の大地)はご存じでしょうか、そのエンディング弾いてきます!w
[ 2015/02/25 01:53 ] [ 編集 ]
最近、ドラクエが好きで、ずっと接してきたからドラクエの曲を弾くという方がおられましたが、
sleepingさんとゼロシンさんのやり取りを読んで(桃太郎ともしカメには笑いました)、再び演奏を聴き、その曲に対する思い入れ(知識も含めて)や経験が演奏を豊かにさせるんだなとあらためて思いました。そして、あらためて拝聴して、豊かな深い演奏だなあと感心です。

それにしても、説明で悲しい歌詞ということは頭で分かり、それを癒すようなメロディーということはなんとなく分かったとしても、何かこう、戦争というものにしても、時代背景にしても実感できないでいる感じは、恵まれた世代に育ったということで幸せなことなのかもしれませんが・・・
[ 2015/02/24 18:03 ] [ 編集 ]
Sleepingさん
あっと、書き忘れてました。
あと1週間後ですね、おんそうずでお会いしましょう!
楽しみにしてます~(=^・ェ・^=))ノ彡☆シッポフリフリバイバイ♪
[ 2015/02/22 23:48 ] [ 編集 ]
Sleepingさん
こんばんは~^^
がっつり!習いましたかww
Sleepingさんの先生達の代はきっと多くの子供たちにこの歌を歌い継いで欲しいと思って、頑張って教えていたのかも知れませんね。


>けど、歌詞はおぼろげにしか覚えてないし、2番も3番も知りませんでした。
>こんな歌だったんですね~ちょっとびっくり。

そうですね、歌詞をよく考えないで歌うと・・・
1番で「日本らしい抒情的な秋の風景だな~」
2番で「何でお父さんの笑顔思い出してるんだろう?」
3番で「そうか、お父さんはきっと長期間の船旅からの帰り道なんだ」
ってなりますよね。
椰子(やし)の島っていうのが何の事なのか。
戦後3年、まだ多くの兵士が戦地から戻らず安否が不明な中で、きっと生きて帰ってくると信じて待っている家族がたくさんいた事。
こういった時代背景や歌詞の意味を理解せずに歌うと、単なる「栗が美味しそうな歌」で終わってしまう曲ですね。


>今どきの小学校では、え?と思うような曲を習わなかったりするんですよね。
>うちの小3男子は「もしもしカメよ」を知らずにけん玉やってます。

あらら、コタ君はもしカメ知らない世代ですかぁ~(^。^;)
でも大皿と中皿を交互にって難しいですし、けん玉やりながらだったらメロディやリズムがぐちゃぐちゃになっても仕方ないですね( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
小皿より中皿の方が難しいと感じるのはゼロシンだけかな。


>例えば桃太郎の歌とか、知らないんですよね。そんなもんなんでしょうかね。

それは仕方ないですね(ーー;)
今どき桃から生まれた桃太郎が鬼を退治するなんてベタ過ぎて子供は喜びませんよ~
最近はねずみが電撃放ったり、トカゲが炎吐いたりが当たり前なのに、猿!犬!雉!なんてそりゃ流行りませんって(;´Д`A ```
あんぱんまんだっていますしね~w
[ 2015/02/22 23:41 ] [ 編集 ]
あ、そうそうこれ書こうと思ってたのに忘れました。
今どきの小学校では、え?と思うような曲を習わなかったりするんですよね。
他の子はテレビとかで聴いて知ってるのかもしれませんが、うちの小3男子は「もしもしカメよ」を知らずにけん玉やってます。歌詞を紙に書いて教えたのでそれは覚えたんですが、メロディやリズムが適当すぎて聴いてて気持ち悪いです。笑

七つの子も知らなかったし(つい最近習ったらしいですが)、例えば桃太郎の歌とか、知らないんですよね。そんなもんなんでしょうかね。
[ 2015/02/22 14:20 ] [ 編集 ]
こんにちは♪
この曲がっつり小学校で習った気がしますよ。(歳バレバレ~笑)
けど、歌詞はおぼろげにしか覚えてないし、2番も3番も知りませんでした。
こんな歌だったんですね~ちょっとびっくり。

改めて聴いてみると、ちょっと物悲しい感じが日本のメロディが心に沁みます。シンプルなアレンジも落ち着きます。いい曲ですよね。

ほっこりしました。ありがとうございました。
おんそうずでお会いできるのを楽しみにしています。
[ 2015/02/22 14:15 ] [ 編集 ]
Yukinagiさん
この曲はご存じありませんでしたか。
私も色々な楽譜を見てきて「あ、そういえば親が鼻歌で歌っていた曲だ」という程度です。ピアノを弾いていなければ間違いなく忘れ去っていた曲ですね。
昭和23年というと今から67年前、まだエアコンなんて無いし、テレビも珍しい時代にみんなラジオでこの曲を聴いていたんでしょうね。

リンクの件ありがとうございます!こちらもリンクさせて頂きますね(^O^)
[ 2015/02/21 23:30 ] [ 編集 ]
シンプルな優しいメロディーが朝から心に響きます。
昭和23年とか、自分の親さえも生まれていないですし、残念ながら今まで聴いたことなく、知らない曲のはずなのですが、どこか懐かしい感じの曲です。
曲を知っている人にこうしてよみがえられせてもらえるというのは素晴らしいことだなあと思いました。

今後も訪問させて頂きます。リンクさせていただければと思います。
[ 2015/02/21 06:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ

openclose

検索BOX・タグ一覧
プロフィール
ゼロシンへメール


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。