PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【録画】オルナンの埋葬


パソコン買い換えたので、超久しぶりにテストも含めて動画アップしてみました。

世界一受けたい授業という番組でおなじみ(最近出てない?)の作曲家、青島広志さんの曲です。
曲集『ピアノのための泰西名画集』の中の1曲、オルナンの埋葬です。
この曲集は1曲1曲に参考となる絵画があり、ムソルグスキーの展覧会の絵の様な作品集です。
一応プロムナードも用意されていますが、それぞれ独立した感じが強く、組曲のように全体を通して弾く必要はなく、弾きたい曲を弾けば良いんじゃないかなって色合いが強いです。

オルナンとは地名で、オルナン村の葬式に集まる名も無き人々の様子を描いた作品です。
神秘的でもなければ、英雄も描かれていないこの作品はあまり理解されず多くの批判を浴びたそうです。
当時、大げさで幻想的な絵画がもてはやされており、作品には神や天使を描かねばいけなかったロマン主義を葬る(埋葬)ために書いた作品とも言われています。
天才ならではの皮肉り方と言えますね。

ギュスターヴ・クールベ作 オルナンの埋葬
画像はウィキペディアより引用
1024px-Courbet,_Un_enterrement_à_Ornans




【青島広志】
【オルナンの埋葬】
暗い音楽ですが、悲しいとかそういう感じではありませんね。ちょっと不気味かな?





関連記事
[ 2016/08/22 21:40 ] 日本 青島 広志 | TB(-) | CM(3)
訂正
漢字間違えました。
青島宏さん→青島広志さん でした!
[ 2016/11/14 18:13 ] [ 編集 ]
ねこぴあのさんへ
ねこぴあのさん、こんばんは!
作曲家の方(青島宏さん)は、確かに最近TVにも出ていないし露出減ってるかな?でも面白い方なので、もしお近くのホールとかで出演機会があったら是非見に行ってみて下さい。特に夏休みなどに子供向けのコンサートで指揮者として登場する事がありますよ^^


>特に、特に56秒あたりからの部分が、戦場に咲く小さな強い花みたいでいいなあと思いました。

おぉ~良いですね、なるほど!
そういう発想で聴いて頂けると嬉しいです。改めてそうやって聴いてみたら確かにそんな感じがしました。
曲にタイトルがあると、そうやって聴かなきゃいけないっていう先入観が出来てしまいますが、自然に聴いた時に頭にイメージされるもの、それを自由に表現出来るのがピアノの楽しさだと思います!

最近シューマンにはまっていらっしゃるみたいですね。
ねこぴあのさんは感受性豊かなので『こう弾きたい』っていうものをたくさん持っていると思います。ねこぴあのさんらしいアラベスク、トロイメライに仕上がると良いですね^^
[ 2016/11/14 03:36 ] [ 編集 ]
作曲家の方を知りませんでした。
3曲聴かせていただき、このオルナンの埋葬好きだな~~と思いました。
特に、特に56秒あたりからの部分が、戦場に咲く小さな強い花みたいでいいなあと思いました。
ゼロシンさんの歌い方、好きです。
電子ピアノじゃないみたいです。
[ 2016/11/14 00:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ

openclose

検索BOX・タグ一覧
プロフィール
ゼロシンへメール


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。