FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.02
Fri

前回に続き、青島広志さんの曲集です。

十字架降下とは処刑されたキリストの亡骸を十字架から降ろす場面の事です。

曲集の解説で『悲痛であるべきこのシーンも、一種の舞踏として演じられているように非現実的に見えます』と書かれているように、各々の人物が演劇的な手振りやステップを踏んでおり、向いている視線の先もまとまりがなく、カラフルな羽衣をまとっている不思議な構図の絵です。


ヤコポ・ダ・ポントルモ作 十字架降下
画像はウィキペディアより引用
十字架降下


一番上の女性だけギリギリ慈しみのあるような眼差しを向けていますが、それ以外は悲しみとは程遠い表情に見えますね。
もしかすると人ではなく天使のような存在を描いた可能性もありますね。左上の何気なく(意味ありげに?)書かれている雲もそういう連想を手助けしている感じがします。



作曲者の指示はモノトーンに淡々と、左手は足取り(ステップ)をイメージして不吉で神秘的な舞踏を表現と書いてありますが・・・・
うーーーーん、難しい・・・(;'∀')


【青島広志】
【十字架降下】



関連記事

comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。