PageTop

坂東翔一郎  ピアノリサイタルⅣを聴きに行ってきました


先日は都内にて坂東翔一朗さんのピアノリサイタルがあり、聴きに行ってきました。
毎年完売御礼なのは知っていましたが、今年はギリギリだったらしく危なかったです。来年はもっと余裕を持って申し込まねば!
午前、午後とも満員御礼だったらしく、おめでとうございます!
この日は、晴れではなかったものの、そこまで寒くなく雨も降らず良かったですね。この翌日は雪でしたから・・・

回を重ねる毎に、応援してくれている人、支えてくれる人が増えていって、人の輪が広がっている事を感じます。
詩を朗読してくれる方、ご自身で作曲した歌のピアノ伴奏譜を書き起こして提供してくれた方、バイオリンを共演して下さった方、その曲の楽譜を提供してくれた方、ファンクラブの方々。本当に素晴らしい方たちに囲まれて心強いですね^^

☆プログラム☆
トッカータ ハ短調(BWV911)バッハ
24の前奏曲 ショパン
星降る山(歌:ばんちゃん父さん)依田典文さん
赤とんぼ(Vn 橘さん)
黒鍵エチュード ショパン
3つのプレリュード ガーシュウィン


星降る山は、依田プロジェクトというバンドでオリジナル曲をたくさん作っていらっしゃる依田典文さんの曲でした。
ちょっとしたストーリー付のメロディーにばんちゃん父さんの優しい歌声が合わさり、温かい気持ちになりました。
以前にも一度だけ聴かせて頂いた時も「良い曲だな」と思いましたが、今回はピアノ伴奏の音に煌めきが感じられ夜空の星がイメージ出来ました。


赤とんぼは橘さんのバイオリンと翔一朗さんのピアノのハーモニーが感動的でした。最後のフェルマータでは翔一朗さんと橘さんがお互い確認するように目でタイミングを計って演奏されていましたね。こういうデュオが出来た事もまた今後に繋がりますね。これからもまた色々なミュージシャンとも共演できると良いですね^^


黒鍵のエチュードはもう素晴らしいの一言。
早い動きの曲ですが、柔らかい音で最後まで滑らかさを失わず、高音部の音は小さい音でキラキラ輝いている様。
黒鍵の練習曲である事を忘れさせる名曲の響きでした。
翔一朗さんの黒鍵のエチュードが凄い事は知っていましたが、今回はプログラムの最後がガーシュウィンだった事も意外でした。
今までだったらショパンの黒鍵が最後だったと思いますが、演奏を聴いてみて納得でした。
ガーシュウィンのプレリュードは長い時間温めていただけあって素晴らしい完成度。3曲とも短いながら、それぞれの個性が光っていて、ジャズのような音、暗くどんよりした音、力強い不協和音で切れのある音が楽しめました。


来年もまた勤労感謝の日にリサイタルを行う事が決定との事。
みなさんも秋の休日のひと時にいかがでしょうか。
素晴らしい演奏会でした。ありがとうございました!

関連記事
[ 2016/11/25 00:57 ] ピアノ日記 | TB(-) | CM(2)
ばんちゃん父さんへ
先日はお疲れ様でしたー。素晴らしい演奏会をありがとうございました^^
今年も聴きに来ることができたな~と秋の善福寺公園の景色を見ながらゆったり歩いてました。

今回のリサイタルでは色々な方たちとのつながりを感じる事ができました。
今まで大切にしてきた、こつこつ少しずつ進んだ結果ですね。

またこれからも都合が付けて応援に駆けつけますv(≧∇≦)v
[ 2016/11/26 15:43 ] [ 編集 ]
有難うございます!
どうも!ばんちゃん父です!!

先日は、お忙しい中またお寒い中、
翔一郎のリサイタルにおいでいただき
有難うございました。

また、早速このような素敵な記事にしていただき、
重ねて感謝です。

今回のリサイタルは、
いつにもまして
色々な方々のお力をいただきました。
色々の挑戦や冒険もありましたが、
やって良かったと感じています。

心折れずにここまで来られたのは、
応援し支えて下さる皆さんのお陰です。
ばんちゃん会のメンバーは、その中心です。

これからも頑張っていきますので、
またよろしくお願いしますね。
頼りにしています!
[ 2016/11/26 14:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ

openclose

検索BOX・タグ一覧
プロフィール
ゼロシンへメール