PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

演奏権について ヤマハ対ジャスラックで思う事



最近、ヤマハ VS JASRAC(一般社団法人 日本音楽著作権協会)が火花を散らしておりますね。
怒ったヤマハはついに先日JASRACの提訴を決定。裁判沙汰に発展しています。
著作権とか法律系の難しい言葉もたくさん出てきて、眠くなる話題ですよね。
ゼロシンもこういうのは超苦手なので、自分でも理解出来る言葉で書いてみようと思います。

事の起こりは今年2月のJASRACの発言です。


ジャスラック:音楽教室も著作権のある楽曲をレッスンで演奏してるんだから著作権料(演奏権)払ってよ!
ヤマハ:は?教育目的で生徒が演奏してるだけなのになんで演奏料なんて払わにゃならんの??


という訳ですね。
なかなか興味深い話題です。我々アマチュアにとって実は意外と身近で大事な内容ですよ。
何と言ったって来年以降から、通っている音楽教室の値段がズドンと高くなるかもしれないんですから。
ピアノのレンタルだって値上がりするかもしれませんよ。


さて、この裁判によって、もしヤマハがJASRACに負けると音楽教室事業の収入260億円の2.5%にあたる約6.5億円を、来年からいきなり支払わなければならなくなります。既に5億円の赤字事業なのに・・・・( ┰_┰) シクシク
そうなると今後レッスン料金は間違いなく跳ね上がりますし、コンサートホールや音楽スタジオのレンタルにも料金が加算され、発表会や練習会、弾きあい会みたいな場が減ってしまう可能性もあります。ヤマハだけに限った話ではありませんので当然ですね。この流れが続くといずれ個人のイベントの際にも許可制、或いは申告制の導入なども考えられます。


この裁判の行方ですが、演奏権と深く関連しています。
演奏権とは、著作者がその作品の演奏を専有する権利。
つまり他の人に演奏されない権利を有しており、これを一定の条件付きで侵害された場合には料金の支払いを請求できます。
JASRACは著作者たちに代わって、著作権料や演奏権料を徴収し、手数料を引いた分を著作者達に還元しています。
今回も著作者達に代わり、演奏権料を音楽教室に対して請求したと言えます。


ここで問題になってくるのが、一定の条件付きで他者に演奏された場合に、演奏権の請求が認められる適用範囲です。
演奏権とはどのように発生するのか。
今回の問題に限定して、分かりやすく言うと・・・(第22条)
1.営利目的で
2.著作権のある楽曲を(JASRAC管理下にある楽曲を)
3.観客(聴衆)からお金をもらって演奏する事。


上記の条件に当てはまってしまうとJASRACにお金を支払わなければなりません。
JASRACは回収した金額の少しだけねこばばして、残りを著作権者に支払います。そういう仕組みです。
著作者達は少しだけ収入が減る代わりに、自分たちで回収する労力を省けるのがメリットですね。


もう一つ、上記に当てはまらなくても演奏権の例外適用があり・・・(第38条)
1.演奏者(生徒)が助言者(先生)に対し報酬が支払われる場合。

つまり、営利目的で個人ピアノ教室を運営している際には、JASRACが管理する楽曲(例えばJPOPSとか)を教材で使うと支払い義務が発生する可能性が高いです。
ちなみに、営利目的じゃなければ大丈夫という事になりますね。例えば無料で教えているけど、謝礼として生徒が自主的に支払っている様な場合ですね。
まぁ一種の回避方法みたいなものですけど・・・・これが裁判までになってしまうと、一般的、常識的に考えられる営利目的の月謝に当たるかどうかが争点になる、とかまた面倒な事になってくるのですが・・・脱線しますので割愛しますw




ヤマハ VS JASRAC に戻ります。


裁判で問題となる部分は・・・
1.レッスンでの演奏は営利目的と言えるか?
2.観客(聴衆)とは誰なのか?
3.支払いは誰から誰なのか?
4.JASRACに登録された楽曲なのか?



■1.レッスンでの演奏は営利目的と言えるか?

まず1つ目の問題です。
・生徒は教えてもらう為に演奏します。
・先生は指導する為に模範演奏します。

ヤマハも慈善事業ではありませんから、レッスン自体は営利目的と言えます。
しかし、営利目的なのはレッスンそのものであり、そこで生徒が演奏してくれた事に対して『聴かせてくれてありがとう。なかなか良い演奏だったよ、はいお小遣い♪』とか言って支払いが発生している訳ではありません。
また、先生がお手本で演奏してくれた事に対して生徒が『ブラボー!素晴らしい演奏でした!』とか言って料金を支払っている訳でもありません。
したがってレッスンの中で行われる演奏自体は営利目的とは言えません。



■観客とは誰なのか?

演奏権は観客からお金をもらうと発生します。
2つ目の問題です。

・生徒の演奏を聴く先生は観客でしょうか?
・先生の模範演奏を聴く生徒は観客でしょうか?

そもそも観客とは何でしょうか。
ちょっと難しくて長い文章ですがwikipediaより引用します・・・観客とはなんぞや

主に演劇や演芸、オペラ、バレエ、映画、スポーツなどの興行が上演、上映、実演されている現場において、それらを鑑賞する人たちをいう。
観客とは専ら「見る」ことに重きをおいた表現で、音楽など「聴く」ことが重要視される場合は聴衆と言う。


つまりピアノにおいて言えば、『聴く事を主な目的』とした場合に聴衆とされます。

ではピアノの先生は生徒の演奏を聴かせてもらう事を主な目的としているのでしょうか?
違いますね。演奏を聴いて直すべき箇所を指導し、より良い演奏が出来るように導く為に聴いています。
ヤマハも演奏する場の提供が主たる事業ではなく、上達させる事を目的に音楽教室事業を運営しています。



■支払いは誰から誰なのか?

3つ目の問題です。

例外条件に挙げた
1.演奏者(生徒)、または助言者(先生)に対し報酬が支払われる場合。

つまり生徒が先生に直接レッスン料金を支払うと演奏権が発生してしまいます。この点は個人ピアノ教室は要注意ですね。
しかしこれは生徒から先生に直接支払われた場合の話で、今回のケースでは生徒がレッスン料を支払っているのは先生ではなくヤマハという法人に対してです。
ヤマハは直接生徒を指導しておらず、先生を雇い、レッスンに必要な楽器を用意し、教える場所を提供しているだけで、それに対して生徒はまとめて料金をヤマハに支払っているのです。
なので、この例外条件もヤマハに当てはまるかと言うと難しい所です。



■JASRACに登録された楽曲なのか?

最後にクラシック音楽の場合ですが、多くのクラシック音楽は、既に作曲者が死んでおり著作権がなくなっています。
また当然ですが、JASRACの管理下にない楽曲は支払いをする必要はありません。
著作権切れの作品、海外の作品、個人が作曲してJASRACに登録していない楽曲なんて、腐るほどあります。

ただし、最近の音楽教室ではPOPSなども積極的にレッスンに取り入れています。
生徒がやりたいと言えば頭ごなしに拒否も難しいでしょう。
JASRAC管理下の楽曲をレッスンで使っていないと証明する事はほぼ不可能ですので、この部分でヤマハがJASRACと闘うのは厳しいでしょう。
ここは争点にはなりませんが一応書いておきました。



■結論

以上、ここまで見てきて思うのは、恐らく裁判はヤマハ有利と予想しています。
何故かと言うと、JASRACの著作権料支払い請求の根拠が今回説明した演奏権を根拠としてしまっているからです。
対するヤマハは恐らく自信を持って演奏権を争点にして裁判に臨めます。
正直言って、そもそも無理があったと言わざるを得ません。
もう間もなく7月の提訴から訴訟がスタートしますが、JASRACとしては多くの一般人の賛同を得られないばかりか、わざわざ自分から余計な敗訴履歴まで作ってしまう形になるんじゃないかなと見ています。


私個人としてはJASRACという機関は大嫌いです。
国の支援を受けながら、アーティスト達の作品で懐を肥やしている集団だと思っています。
悪質だと思うのは、個人に対しても容赦なく支払い請求をし、支払わないと裁判まで仕掛けてくる点です。あ、NHKも同じ事してきますね。
中には物凄い理不尽な請求もあります。(興味があったらネットで調べて下さい)
仮に戦って個人が勝てる内容であっても、裁判に費やす労力と時間は半端ではなく、泣き寝入りして支払ってしまう人が大半です。そういう姿勢がまるで敵の様に見えてしまい、アーティスト達の為ではなく、私腹を肥やす為にやってるんだなと思われてしまうんだと思います。


始めは中立に書こうと思っていたのに、気付いたら散々JASRACの悪口を書く事になってしまいました・・・・・
しかしながら、こういった機関がないと2000年代初頭の様に、好き放題にCDをコピーしまくり、WynnyやWinMXを使ってネットでばら撒かれるという状況があります。中国を著作権無法国家だなどと笑い飛ばしてる場合ではありません。日本だって似たようなものです。JASRACがこれほど強大な権力を持った組織に膨れ上がってしまったのは、言い換えればユーザーサイドの身から出た錆とも言えます。
自分が2000円で購入してるCD、5000円で購入したDVD、実は無料で手に入れてる人がいると知ったら馬鹿らしくなってきませんか?
一部のユーザーだけが好き放題に楽曲や映像作品を共有してウハウハし、残った多くのユーザーはその煽りを喰らってどんどん不便になっていく。
これが現状なんです。


宇多田ヒカルさんなどは、自分の楽曲はどんどんレッスンで使ってもらえたら嬉しい。演奏権料なんていらないと言っています。
1000円のCDが1枚売れても、レコード会社(原盤制作他含む)と小売店で約950円持っていかれ、
アーティストの手元に入る著作権料は僅か10円。作曲者に17円、作詞家に17円。
ジャスラックが約5円ほど手数料で回収。


JASRACが本当に作曲家や作詞家やアーティスト達の味方なら、音楽教育に矛先を向ける前に、まずこういった不遇な状況の改善に尽力されたらどうなのでしょうかね。そうしたら国民からもう少し愛される機関になるかも知れないのに。


関連記事
[ 2017/05/17 15:43 ] ピアノ日記 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ

openclose

検索BOX・タグ一覧
プロフィール
ゼロシンへメール


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。