--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.23
Sat


フーガの技法はバッハ未完の作品と言われています。
実際には諸説あり、完成していたが紛失された、または別の作品として存在している、等です。
また楽器の指定がされておらず、オルガンやチェンバロ、ピアノだけでなくオーケストラでも演奏されます。
恐らくチェンバロであろうとする説もありますが、チェンバロがそこまで広く普及しているとは言い難いので、結局オルガンかピアノで演奏される事が多いと思います。

演奏速度も特に決まっていませんが、オルガンではやや早く、ピアノではややゆっくり弾く事が多いように感じます。
ただ1番はフーガの基本形を提示する意味もあるので、あまり感情込めてゆっくり弾かない方が良いのかなと個人的には思っています。
ピアノは音も減衰しますしね。

フーガの技法はクラヴィア曲集のフーガや、BWV500番台の自由形オルガンフーガとはまた違った格調高さが感じられて憧れますね。
もう少し何度か録画し直すつもりですが気に入るものがなければ今回の通したのを改めてアップしようかなと思います。


フーガの技法 第1番 途中まで



関連記事

comment 2
コメント
ね~みさんへ

感想ありがとうございますー!
もう少しだけ録画頑張ってみようと思いますが、頃合いをみて完成版を決めちゃおうと思います!

もしかしたらこれとは別にゆ~っくり版やオルガン版なども良いかな、なんて思ってます(*^^*)
ゼロシン | 2017.12.23 10:37 | 編集
聴かせていただきました~!

良いですね~~!
ゼロシンさんのピアノはいつもそれぞれのメロディがハッキリと浮き出て上手く絡み合ってとても心地良く聴けます(^^)/
これずっと聞いていたくなります。
これからこの続きが聴けるのでしょうか?
楽しみにしていますね~~!
ね~み♪ | 2017.12.23 08:09 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。