PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【演奏録音】北欧の踊りと歌

クラシックは様々なジャンルがありますが
バロック→古典→ロマン→近現代とは少し違う流れの中に
その地域独特の音楽というのが存在します...φ(◎◎ヘ)

代表的なのがロシア音楽や今回演奏する北欧音楽だと思います。

北欧とは多分この辺りの地域でしょうか↓
・ノルウェー
・フィンランド
・スウェーデン
・デンマーク

多分イギリス(アイルランド)は独立した別音楽になります。
エルガーとかホルストとか(それ以外知らない)

北欧音楽は超有名な大作曲家といえる人がそこまで多くないので
演奏する曲も限られてくるかと思いますが
まずはやっぱりグリーグとシベリウスでしょうか。
この二人なしには北欧音楽は始まらないと思います!

どちらも北欧の伝統的な歌や踊り、その地に伝わる神話や詩を
題材とした音楽が多いと思いますが、
シベリウスは美しい森や湖を想像させる情緒豊かな音楽、
グリーグはとても人間味に溢れた民族的な音楽が特徴だと思います。


【グリーグ】作曲 【ハリング1(ノルウェーの踊り)】
アルプス一万尺みたいな感じの曲です。本当はもっと早いかもしれません。
mp3が再生できるプラグインが必要です。
プレイヤーが表示されない方はこちら。


【グリーグ】作曲 【ノルウェーの旋律】
これも、もっと早い曲からもしれません(・・;)
mp3が再生できるプラグインが必要です。
プレイヤーが表示されない方はこちら。

今回は全音のグリーグピアノ名曲集1の中から2曲選びました。
全音の楽譜はレベルを星印最大6個で表していますが
この曲集はレベル3★★★
ちなみに先日のカバレフスキーはレベル2★★でした。
星印が何個とか関係なく、全部苦労しますねぇ(〃´o`)=3 フゥ

ちなみに私は早い曲も遅い曲も全て遅く弾いてしまうので
本来の正しい演奏とはかけ離れている可能性があるので
決してマネしないようにっ!o(>▽<)o


にほんブログ村 クラシックブログ 電子ピアノへ
にほんブログ村

関連記事
[ 2010/07/10 23:01 ] 北欧 グリーグ | TB(0) | CM(8)
かーたんさんへ
かーたんさん、初めまして!
コメント書き込みありがとうございます(*^-^)

北欧の音楽はオーケストラ曲、ピアノ曲それぞれ
違った魅力を持っていますよね。
特にシベリウスは交響曲や交響詩になると、
打楽器を打ちならした迫力あるサウンドが凄い!

欠点なのはCDだと最大音量と最低音量の差が激しすぎて
手動で音量調節しながら聴かないといけない事でしょうか
曲の出だしは小さすぎて聞こえないし、途中のクレッシェンドから
爆撃音みたいになって慌てるし・・・何とかならないかと思いますw
本当は生が一番なんでしょうけどね~


かーたんさんのブログは今までも何度か拝見した事がありました。
バッハ、グリーグ、シベリウスがお好きなんですね!
私も大好きですよ(*´∇`*)
つたない演奏ですが、バロックも北欧も少しずつアップしていければと思いますので
気が向いた時にでもコメント頂けると嬉しいです^^
これからもよろしくお願いします~♪
[ 2010/07/14 02:17 ] [ 編集 ]
はじめまして^^
でごさんのコメント欄から飛んできました^^
かーたんも北欧音楽がとても大好きです。
グリーグもシベリウスもステキですよね!
ゼロシンさんが言うようにグリーグは民族的ですよね。
シベリウスはずばり自然でしょうか。
どちらも神秘的ですよねぇ。。。
演奏も丁寧に弾いておられてステキです。

テレマンのアリア、強い想いが感じ取れました。
素晴らしいです。
また遊びにきます^^
[ 2010/07/13 12:18 ] [ 編集 ]
あおみどりさんへ
す、すごい先生についてますね・・・(・・;)
先生がそういう曲を弾いてくれるのはとても楽しそうですね~

> 白夜とか、オーロラとか、ムーミンとか、

そういえばムーミンってフィンランドなんですね。
小さい頃アニメを見ましたがゲラゲラ笑ったり、
何か目的がある訳ではなく、何か不思議な感じのアニメでしたね。
たんたんと平和な日々が過ぎていく、みたいな・・・

音楽が独特なのは、寒い気候、森と湖、山と海とかフィヨルド等の美しい大自然
そして音楽の中心地であったフランス、ドイツとの微妙な距離感が
独自の音楽を残しつつ発展していったのでしょうねー。


ふむふむ、倍音ですか~。
詳しくないのですが実際のピアノはたくさんの弦が共鳴してますから
デジピとはまた音の響き方が違いますよね~

これからも北欧up、頑張りますよ~!( v ̄▽ ̄)
[ 2010/07/12 03:01 ] [ 編集 ]
めめさんへ
おぉ、さすが耳が良いですね!
1曲目の装飾#ソを抜かした、レとラの和音ですよ~。


>長調とも短調ともいえない不思議な響きがするように思いました。

そうですね~。あえて左手の和音だけで調性を決めない様、
最低限の音で意図的に作曲されているのだと思います。
ffで叩く和音部分が前半(長調)と後半(短調)にありますが
左手は両方とも全く同じ音しか叩いていませんでした。

テンポ良かったですか?ありがとうございます~
私はテンポが超不安定人間なので弾き終わった後で聴き直してやっと
あれ?こんなに早かったっけ?と気づくパターンが今まで多くて・・・
なので逆に遅くしてしまう事が多いんですね~><b

たまにはメトロノームを使った方がいいんでしょうけれども・・・
めんどくさいからいいや、と。怠けものですw
[ 2010/07/12 01:48 ] [ 編集 ]
Sleepingさんへ
いえいえ、いつもイメージ豊かなコメントで楽しいですよ~^^
確かに1曲目は踊りといっても、ゆっくり歩くような感じですね。
水戸黄門Σ(=o=;)!
あれはあれで好きなんですが、なかなかナイスな変換ですw

確かに小さい音量で曲が流れていると、全然違う曲に聞こえてしまう
事ありますからね~。

> ペダル踏んでドラマチックに弾いても楽しいかもですね~

今回は2曲ともほとんどノーペダルで弾ききってしまいましたが
特に2曲目はペダルを踏んだらまた違うイメージを出せそうですね。

それにしても、よくパルムグレンを覚えてましたね~。
北欧の曲をまだ一曲も弾いてなかったとか、完全に忘れてました(^▽^;)
まさにパルムグレンはシベリウスとほぼ同時代を生きた
北欧の詩を歌いあげた作曲家だと思います!(今更)
そういえばパルムグレンも何曲か候補があったので
ちょっとずつ弾いていきたいと思いま~す^^v

以前の記事、探して頂いて感謝です><b
久しぶりに聴いたら意外と良かったと自画自賛(*ノェノ)
[ 2010/07/12 01:45 ] [ 編集 ]
グリーグ
良いですね~。北欧!もっと聞きたいです。
いま付いている私の先生は、北欧の王立音楽院を出ているので、よく北欧の作曲家の曲を弾いてくれます。

独特な世界観、フランスやドイツとは空気が全然違う感じが伝わってくるような音が多いですよね。なんというか、白夜とか、オーロラとか、ムーミンとか、あっちの方にしかない自然の息吹が、曲を通して伝わってくる感じです。明らかに、ユーラシア大陸のど真ん中の人たちとは違う感じですよね~。

こういう曲をアコピで弾くと、自分では弾いていない音の”倍音”が響きわたって、もっと不思議な世界観が広がりますね。(いま、倍音ネタを作り中で・・・エストニアの作曲家の曲が、そういう、倍音を利用した曲を作っていて面白いです)

デジピで弾くグリーグを聴いたことがなかったので、新鮮でした!!!もっとupしてください(^。^)
[ 2010/07/11 12:08 ] [ 編集 ]
No title
1曲目、左手のタラーンっていうの、拍子が難しそうですね~~
タラーンだけやっていればいいならいいですけど、右手が弾けなくなりそうですw

2曲目は和音、真ん中抜けているやつでしょうか?なんとなく、長調とも短調ともいえない不思議な響きがするように思いました。

2曲とも、普段あまり耳にする事のない感じの曲なんですけど、民族的な曲って、どれもどこかちょっと懐かしくて、とても好きです!!

テンポがゆったりしているのも、曲調にあっていると思いました。
私はどちらかというとテンポ上げ気味に弾いてしまう傾向があります。指転ぶのに・・・汗
[ 2010/07/11 12:05 ] [ 編集 ]
他にも北欧みっけ
またも曲の感想になっちゃうのですが・・・
それにしてもレベルの低い感想ですみません 汗

1曲目は、刺繍がかわいい民族衣装を着て丸くなって踊るときの曲だ~という感じでした。アルプス一万尺みたい、そうですね~!
近くを通りかかったオットがちょっとだけ耳に入った音から「水戸黄門?」と言ったので呆れつつも爆笑。小さめの音で聞いてたので、ちょっとだけ聞こえた和音を脳内変換しちゃったようです。アホです、はい。

2曲目は空から見た緑深い山と湖みたいな映像が浮かぶような、かっこいい曲ですね。ペダル踏んでドラマチックに弾いても楽しいかもですね~

どっかで北欧音楽聴いたような、、、と思って探したら、これもありましたよ。パルムグレンという方の曲でした。
http://pianobomber.blog106.fc2.com/blog-date-20100506.html

[ 2010/07/11 08:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ

openclose

検索BOX・タグ一覧
プロフィール
ゼロシンへメール


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。