PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【演奏録画】チェンバロ音で遊ぶ

電子ピアノにはたくさんの楽器の音色が
搭載されていて、これだけでも結構遊べちゃいますよね。
本当にお遊び的なものから実用的なものまであります。

【比較的実用的に遊べる音色】
オルガン(特にパイプ!)
チェンバロ(バロックでもなんでもいけます)
金管楽器(トランペットとか気持ち良いです)
Eピアノ系(JRにも使いました)

【あまり使い道がないお遊び系】
ボーカル(声なのかよく分からんなんじゃこりゃ~な音です)
ストリング(意外かも知れませんが使いませんね)
打楽器系


以前も紹介した事がありますが私は河合の電子ピアノを使っています。
(ちなみにCA93という型でまだ現行モデルです)

ヤマハとかローランドと比べると若干、リズムで遊んだり自動伴奏で遊んだりっていう機能は少ないです。
タッチとかスピーカーの性能、木の鍵盤に内部ハンマー構造とデザインを総合して選んだので
電子ピアノの遊び機能が少し少ないのは仕方ないですね~。

それでも色んな音色は搭載されているので今回はその中から
チェンバロ音色を使って一曲演奏してみました。

遊んだといっても超真面目に演奏してますので是非お聴き下さいませ~♪



【J.S.バッハ】
【BWV1050 ブランデンブルグ協奏曲第5番第1楽章 チェンバロカデンツァ(独奏部)のみ】
---------------------------------------------------------------
この曲は1楽章だけで10分程ある曲ですが前半は室内管弦楽から始まり
途中6分~7分位からチェンバロの独奏が約3~4分あり、最後に管弦楽が
フィナーレを奏でて終了という豪華な曲です。なので最初の6~7分と
フィナーレは省略でございますw
この演奏にはチェンバロの譜面をそのまま(原曲通り)使っています。
---------------------------------------------------------------




またその内チェンバロとかオルガン企画なんていうのも
楽しそうですね~♪
みなさんも電子ピアノもっているなら色々な音色で遊んでみて下さい^^

関連記事
[ 2010/08/07 04:14 ] バロック J.S.バッハ | TB(0) | CM(16)
タワシさんへ
ユーロピアノは専門店の様な感じがしました。
雰囲気も良さそうだし気持ち良くレンタル出来そう。
予約が一杯でレンタル出来ませんという予感が
ちょっとしますが、その内電話してみようかな~

有名すぎるバッハのメヌエットですが、
ピアノで弾く時はあまり装飾音は入れずスマートに、
チェンバロ音で弾く時はこじゃれたモルデントを入れて弾いてます。
とても心が落ち着く曲なので一年程前は寝る前に
必ずこの曲を弾いてました。
会社帰ってお風呂→食事→歯磨き→メヌエット→睡眠
最近でも寝る前にはよく1曲弾きますが、今は別の曲です。

ちなみに会社に行く前の1曲はこの2~3週間ほどは
グリーグの『故郷にて』です。完全にはまっちゃってます。
食事→スーツに着替えて出発の準備→故郷にて→出発

1~2分の演奏の為に、電源OnしたりOffしたり
私の電子ピアノは忙しいですw

フランス組曲のガヴォットって子供のバッハ曲集にも
登場するんですけど、あれ難しいですよね。
右が元気よく飛び跳ねて、左手がグルグル動いて・・・
親しみ易さと弾き易さでいうならフランス組曲3番の
メヌエットがとってもお薦めですよ~
バッハの管弦組曲のポロネーズを思わせる短調のメヌエットです^^

> (10度も楽に届いている様子!なんとうらやましい!)

実はですね、右手と左手で少し手の開き方が違うんですよ~
左手は10度難なく届きます。右手は左手と同じ大きさなのですが
開く練習が少ないのか10度になると外したりします。
これピアノの先生に話したら、『あ、私も右手の方が駄目ですね~』
って言ってました。
やっぱりオクターブの演奏は左手の方が多いので
慣れがあるのでしょうね~。

手が大きいと逆にチェンバロは弾き難そうな気もしますけど
指は細いので意外と何とかなるかな?
とにかく一回弾いてみたい楽器ですね~^^
[ 2010/08/18 01:46 ] [ 編集 ]
No title
再々コメで失礼します。
やはりユーロピアノでしたか!
その友人が行ったのもそこなんです。
何を弾いたのまではききませんでしたが、バッハやヘンデルはじめバロックのレパートリーがとても豊富な人なのでたぶんそのあたりではないかと。
私はバロックのレパートリーがほとんどないので、伝バッハの有名過ぎるト調のメヌエットでも弾きますわ~。
いや、せめてフランス組曲第5番のガヴォっトくらいは弾いてみたいかな。

チェンバロは鍵盤が狭いんですよね。
ゼロシンさんが手がかなり大きいようで(10度も楽に届いている様子!なんとうらやましい!)かえって弾きにくいかな?でもコツをつかめばばっちり大丈夫でしょう。
ホント、一度は、経験したいですね。
[ 2010/08/17 16:01 ] [ 編集 ]
タワシさんへ
なんかチェンバロって聴くと、普通の人には手の届かない神聖な楽器と
いうイメージがあったのですが、そんな事もないのですか~
オフ会に行くと色々な情報が聴けて楽しそうですね^^

先程軽く調べてみたら、なるほど、ありますね。
東京都内でのチェンバロのレッスンやレンタルルーム。
ユーロピアノというサイトでみた所、1時間1400円と書いてあり
『おぉ?こんなもんで借りられるのか』と少し驚きました。
京王線沿線とそんなに遠くもないし機会があったら
一度くらい弾いてみたいものです。

レンタルした人達はどんな曲を演奏してみたのでしょうね。
まさかショパンとか弾かないだろうし
やっぱりバッハ、ヘンデル辺りになるのかな。
私だったらまず始めにバッハのプレリュードを弾いてみたいかなーw
[ 2010/08/15 03:29 ] [ 編集 ]
No title
ゼロシンさんは、音楽に関する知識もばっちりですね~!↓の説明もとてもわかりやすくて的確なので感心しました☆

それはともかく、パイプオルガンはともかく、チェンバロくらいは実際に自分で弾いてみたいと思ってます。一度経験するとピアノで弾く際にもおおいに参考になるらしいので。
ゼロシンさんも未経験ですか。
私のネッ友さんにはチェンバロのレッスンを受けていて、地元のアマチュアコンサートでコンチェルトのソロを担当した人もいます。
それは特別としても、1度や2度弾いた経験がある、という人なら、結構いるんですよね。ピアノサークルのオフ会のときその話が出て、みんないろいろやってるんだなあと感心しました。やっぱり東京だとそういう機会も多いんですかね。うらやましいです。
[ 2010/08/14 09:18 ] [ 編集 ]
☆さんへ
ようこそ^^
お聴き頂いてありがとうございましたm(_ _"m)

> パイプオルガンとチェンバロとピアノの
> 違いがわからないんです

どれも鍵盤楽器ですけど音を出す構造が違いますね。

例えばバイオリンとギターを思い浮かべてもらうと
両方とも弦楽器ですが、ギターは弦を指ではじいて音を出します。
バイオリンは弦を弓でこするので音が全然違いますよね。

他にはカスタネットとタンバリンは両方とも手で叩きますが
カスタネットは叩くと木と木がぶつかる音、
タンバリンは叩くと鈴が鳴る音ですよね。

話を戻しますと
・ピアノは内部の弦を叩く音
・チェンバロは内部の弦をはじく音
・パイプオルガンはパイプに空気を流してパイプが振動する音

一番大きな違いはこんな感じではないでしょうか。

チェンバロやオルガンは演奏した事がないので
一般的に言われている事になりますが、演奏の違いとしては
ピアノとチェンバロは鍵盤の大きさや重さが違います。
ピアノに比べチェンバロは鍵盤が細く、そして軽いです。

パイプオルガンは全くの別物で鍵盤が4段+ペダルというパターンが多いです。
でも時代や地域によっては3段だったり5段だったり、
鍵盤数も56だったり58だったり61だったり色々あるみたいです。
パイプ内の気道を変える事で演奏者が意図的に音質を変える事が出来たり
更にパイプの材質によって音は変わるし
空気を送る電動ファンの回転数やサイズ(パワー)によって音量も変わってくると思います。

パイプオルガンは建築物の様なものなので、それぞれがピアノやチェンバロ以上に
個性溢れるものだと思います。この辺りも興味をもって調べてみると
楽しいのではないでしょうか^^

んな事知ってるよって内容があったら申し訳ないです。
[ 2010/08/14 04:57 ] [ 編集 ]
No title
 すごいですねv-238i-189

 パイプオルガンとチェンバロとピアノの
 違いがわからないんですi-240

 できたら教えていただけませんかi-198e-466
[ 2010/08/13 09:19 ] [ 編集 ]
タワシさん
ありがとうございます><
これ以上ないお褒めの言葉、とても嬉しいです。

> やはり私なんかとは完全にレベルが違う~別次元ですね。

でも別次元とかそんな事はないですよー
私もそうですが他の人の演奏は上手に聴こえてしまいます。
特に今回は大バッハの、しかもブランデンブルグという
銘入りの曲というのもあって助けられた感じです。
実際は早い部分とか良く聴くと粒が揃っていなかったり
音を外していたりするんですよw

先日のクリスティアンのメヌエットは選曲もさることながら
堂々とした室内管弦曲に仕上がってました。
先にタワシさんの演奏を聴いてしまったら原曲の音に
違和感を感じてしまう位、曲と音がマッチしていましたよ。

ストリングの音については先日タワシさんが書いていた様に
音がかなり響いてしまうので、特に左手は早めに切るように
すると丁度よくなって聴き易くなりますよね。
因みにチェンバロは出したいメロディを
グッと長めに抑えるように弾くとチャラチャラした音の中から
メロディが浮き出てくる感じがして楽しいですよ~^^
[ 2010/08/11 05:13 ] [ 編集 ]
ブラヴォ~!
文句なくすばらしいです。しかも暗譜とは!
やはり私なんかとは完全にレベルが違う~別次元ですね。
お世辞じゃなくて鳥肌もんでした~

>せっかくのデジピなんだし、色々な音でとりあえず弾いてみたら
今までとは違ったイメージを持つ事も出来るかもしれないですよね~^
これは私もまさに今、実感しています。
この演奏のようにオリジナルの楽器指定を生かすのもいいですが、わたしが弾いたヨハン・クリスティアンのメヌエットみたいに、設定を変えて弾いてみるのもまた新しい発見があったりしますね。
慣れてくると、同じ曲でもピアノ音色のときとは奏法も変えてみたり。
広い視野で見ると、かなり有意義な勉強になるのではないかなと感じます。
[ 2010/08/10 08:46 ] [ 編集 ]
Sleepingさんへ
ありがとうございます~^^v

難しい様に聴こえる部分もありますが、全体を通して
すごい覚えやすい音の並びなので実は暗譜はそんなに
大変じゃないんですよ~。
あと練習期間ですが何気に十八番の一曲なので
かれこれ2年間の蓄積があるのですー!

最後の早い部分はちょっと疲れますね。
あまり録画失敗しすぎると指が疲れて回らなくなってしまうので
早めに成功させる必要がある曲です。とりあえず早く動かさなければ
いけないのですが、指を広げたりとか、手首を回転させる必要が
ないのでチェルニーの左手ドソミソなんかよりずっと簡単ですよ~w

> 私もインベンションをチェンバロ音で弾くのはよくやります。

(*¨)(*..)(*¨)(*..)うんうん
インベンションは全曲チェンバロが合いますね~
金管はあまり参考にならないかもしれないですが
ラピュタのパズーが吹く曲とか国歌、ニューシネマパラダイス、
あとはゆっくり目の行進曲ですかね~
クラシックでいうと威風堂々の1楽章、4楽章の綺麗な部分、
ジュピターのテーマ。ぅ~ん、断片的でごめんなさい~^^;
[ 2010/08/09 06:15 ] [ 編集 ]
あおみどりさんへ
荒削りな演奏だったと思いますが、チェンバロ音色
お楽しみ頂けて嬉しいです^^
バッハの小曲、テレマンの小曲、ヘンデルなどは
コラールを除いてチェンバロがぴったりの曲ばかりですね。

本物のチェンバロスタジオとは凄いですね。
確か鍵盤の横幅とか細いんですよね。
ピアノと同じ感覚で体重掛けて鍵盤を叩いたりしたら
弦が切れてしまう事もあるんだとか。
音もそうですがデリケートな楽器ですね。
私は怖くて本物は弾けないかもw

あおみどりさんはヤマハCLPシリーズでしたか。
7~10年ほど前のモデルかな?
私はCVPシリーズを持っていましたが、
確か気持ち程度の強弱は付けられた様な気がします。
まぁ気持ち程度ですが。

オルガンはいずれ弾きたいな~と思っています。v
まだ未定ですが恐らくバッハではないバロックのフーガです。
演奏時期はもう少し別の録音をしてからにしますので
いずれお楽しみに~w

> あの、丸みのある質感が好きです。

あの柔らかい音はとても不思議な感じですね。
でも教会の堅いパイプオルガンの音も神々しくて大好きです。
色々な音が混ざっていて、倍音の塊みたいな音楽ですよねw

私たちは『ピアノのお稽古』が一般的すぎて、全ての曲は
ピアノで弾くのが正しい、みたいな感じがありますが
せっかくのデジピなんだし、色々な音でとりあえず弾いてみたら
今までとは違ったイメージを持つ事も出来るかもしれないですよね~^^
[ 2010/08/09 06:11 ] [ 編集 ]
めめさんへ
> ゼロシンさんに後光が射して見えます!!!!

いやー、ありがとうございますー!!
そこまでブッチギリで褒められると嬉しいやら恥ずかしいやらで
なんだか照れてしまってダメですね(*ノェノ)

> うちの電子ピアノだと、チェンバロは音量がほぼ変わらない設定になっているようなのですが

ありゃ、ゼロシンのはチェンバロもちゃんと音量変わりますよ~
チェンバロに限らずオルガンもOKでしたv
音量一定だとメリハリ付けるのはかなり厳しそうですね><b

前はヤマハの電子ピアノだったのでリズムとかたくさん入っていたのですが
実はそれで遊んだ記憶があまり無かったのでバッサリ切り捨てて
違う視点からデジピ選びをした感じですね~

金管五重奏や木管五重奏の打ち込みって、結構骨の折れる作業なのでは?
もし打ち込みデータとかがまだ残っていれば聴かせて欲しいですねー^^
それにしても○○五重奏とかの曲ってピアノだけをやっている人にとっては
特に馴染みが少ない気がします。
今更ながら(大人になってから)吹奏楽をやっていた人が
羨ましく感じる事が多くなった気がします。
知る人ぞ知る吹奏楽の名曲なんてあれば、
是非ブログで紹介して下さいませ~^^v
[ 2010/08/09 06:10 ] [ 編集 ]
脱帽!
前回のアレといい、ブラボーです!!

とても素敵な演奏でした。難しそうな曲なのにとても楽しげな感じで、雰囲気たっぷりに弾かれていましたね。見た感じ暗譜だったのかな?と思うのですが、結構練習されたんですか?

最後の方にものすごい速さの超絶技巧が出てきてましたね。ゼロシンさんは速いのは苦手ってよく書かれているのに、全くそんなことないですよ~~!

いろんな音で遊ぶの、楽しいですよね。私もインベンションをチェンバロ音で弾くのはよくやります。ストリングは、ポピュラーを習ってたときによく遊びましたよ。ミスが目立たないのと、ムードたっぷりになるので 笑 ボーカルは確かに変な感じですが、我が家の4歳児はこれで遊ぶのが大好きです。金管系の音は、どんな曲で遊んでます?遊んでみたいけど、どんな曲がいいのかしら。
[ 2010/08/08 23:15 ] [ 編集 ]
Viva!チェンバロ
ゼロシンさん、渾身のバッハ@チェンバロ色、とってもかっこよかったです!!いいですね~。音に集中して聴いていたら、暑さもぶっ飛びました。夏のバロック、涼しげとてもgood!です。

私も、デジピでは、チェンバロ(という表記ではなくハープシコード)の音色が一番使える!と思っていて、バロックなどを弾いて楽しんでます。

弦楽器たちの演奏の音源とのコラボで、前後の曲も弾けたら最高ですね~。伴奏君みたいな機能があると楽しさ倍増しそうです。

ピアノは、弦を叩く音だけど、チェンバロは、弦をはじく音。世界観がまるで違いますね。

東京に、本物のチェンバロを弾けるスタジオと、チェンバロのレッスンをしてくれるところがありましたが、今はお店の名前失念してしまいました。。。どこだっけ~!?(^^;

一度でいいから、弦をはじいているところを見てみたいです。

デジピの音源の中では、チェンバロが一番しっくりくるというか。同じ、鍵盤楽器だからでしょうか?弾いてても、遜色ないですよね。

私のデジピは、YAHAMAクラビノーバの、昔のCLPシリーズですが、鍵盤をゆっくり目に戻すと、「ギリギリッ」とした変な音が致します。あれって、チェンバロの特色でしょうか!?音の強弱はほとんど反映されてなかった気がします。

次回があれば、パイプオルガンをお願いしたく。私は、ハチャトゥリャンのとある子供曲を、試しにパイプオルガンの音色で弾いたら激ハマリだったので、今度音源upしようと思いますよ。

なんか、空気のかたまりを、足でフニャッと踏んづけたような、あの、丸みのある質感が好きです。オルガンの音。

デジピの醍醐味ですね~。音色で遊べるところが楽しいです。
[ 2010/08/08 13:24 ] [ 編集 ]
No title
ゼロシンさんに後光が射して見えます!!!!
すごーい~~~かっこいい!!!

うちの電子ピアノだと、チェンバロは音量がほぼ変わらない設定になっているようなのですが、ゼロシンさんのはどうですか?
なんか、めちゃめちゃダイナミクスがついているように聴こえるのですが、弾き方がお上手だからでしょうか?
とにかく聴き惚れてしまいましたー。

うちの電子ピアノ、キーボード寄りなので、音やリズムがたくさんん入っているのですが、ほとんど使ってないですw
昔は良く金管五重奏とか木管五重奏とかを打ち込みして遊んでいたのですが・・・またやってみようかな、と思いました!
[ 2010/08/08 11:52 ] [ 編集 ]
ラベンダーさんへ
らべんだ~さん、こんばんは~v

パイプオルガンは遊びでよく使いますね~w
結構間違えても誤魔化して弾けるので気持ちよいです。
教会のオルガニストになったつもりで・・・w

ボーカルっていうのは超機械的なソプラノおね~さんの声とか
おに~さんの声です。聴いてみたいですか、う~む
なかなか選曲がこまりますね~w
遊びでゲームミュージックなんかに使えそうかな(*´∇`*)

演奏聴いて頂いてありがとうございまする~
この音色の為にかかれた様な曲を選曲しましたから~w
ラベンダーさんはバッハの小曲とかあまり弾かれないですか?
結構メヌエットとか(レーソラシド レッソッソー)
もチェンバロで弾くと可愛くて良いんですよ~。
是非お試しあれ~です^^v
[ 2010/08/08 04:01 ] [ 編集 ]
No title
こんばんは。
私の電ピは安々なのであまり多くの機能は付いてないので
あまり他の音色も使った事ないんですよね。
せいぜいパイプオルガンで教会音楽っぽく弾いてるふりするぐらいで・・。
ボーカルって何ですか~(笑)
聴いてみたいので今度ボーカルで何か弾いて下さい!

それにしてもバッハお上手ですね。
この音色とても合ってますよね。
同じ曲でも純粋なピアノで弾くのとではまた全然違いますよね。
[ 2010/08/07 21:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ

openclose

検索BOX・タグ一覧
プロフィール
ゼロシンへメール


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。