PageTop

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【演奏録画】ディズニー

「その時歴史が」に続いてもう一つTV映画ジャンルで録画してみました。

1990年代のディズニーアニメ「アラジン」や「美女と野獣」から始まるミュージカル路線最後の作品「ノートルダムの鐘」です。

ゼロシンはこの作品の存在は知っていましたが、主人公が微妙だしミュージカルに全く興味が無いので今まで見ようとも思わなかったのですが、2008年頃だったかな、何かの拍子にたまたまネット動画でわずか5分程度のオープニング映像を見た瞬間、その映像と音楽の迫力に目を奪われ一気にこの作品のファンになってしまいました。

この物語は元々1831年に出版された「ノートルダムのせむし男」です。
主人公もヒロインも敵もみんな死んでしまうという凄まじいバッドエンディングなのを、ディズニーが子供向けにかわいい石像のドタバタ劇を入れたり、ハッピーエンドにして作り替えた訳ですが、元が元だけにどう頑張っても子供が笑い転げるような内容ではありません。

興業的(お金的な意味)には失敗作品だったみたいで、この後ディズニーはトイストーリーなどのCG作品へと移行していく事になるのですが、ゼロシン的にはこの作品はディズニーの中でも名作だと思います。むしろ石像のドタバタは入れなくて良いから最初から最後まで一気にシリアスで行って欲しかった位なのですが、以前私の姉が見た感想としては「ああいう遊び的なシーンが全くなかったらちょっと疲れるんじゃない?」と言ってたので実はバランス良いのかもしれませんね。

もし興味があったら是非とも、吹き替え版ではなく「英語のオリジナル版」をおすすめします。吹き替え版は劇団四季の人が歌っており決して悪くはないのですが、やはり日本語は流れるような音楽には向いていないと感じました。


さて、今回演奏したピアノ版ですが
「ピアノソロ ベスト オブ エクセレント ディズニー 2」
という楽譜に収録されております。

壮大なイントロの後に、物悲しくてメランコリーな主題ワルツを3通りの変奏曲で演奏して最後クライマックスでジャジャーンという感じで終わります。
ワルツって難しいですね><左手が踏み外しすぎて疲れました・・・
そんな訳でミスもたくさんしていますが、どうぞお聞き下さいm(_ _"m)


【アラン・メンケン作曲】
ディズニー ノートルダムの鐘【The Bells of Notre Dame】



管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/10/14 11:37 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/10/13 23:36 ] [ 編集 ]
タワシさんへ(追記)
もしご覧頂くかもしれないなら、日本語吹き替えではなく、英語オリジナルの日本語字幕を強くお勧め致します。

ちなみに再生すると自動的に日本語吹き替え版でスタートすると思うので、一度メニュー画面を開いて字幕モードに変更する必要があると思います。

理由としては
1.英語オリジナルのクオリティが高いから。
2.日本語だと「かねだーよ ノートルダム~♪」とか「かねだー♪」という感じで不自然になってしまうからです。

決して翻訳が下手とか、劇団四季がイマイチという理由ではないです。
これは仕方のない事なのです。以下はオープニング直後の歌詞になります。

------------------------英語------------------------
Morning in Paris, the city awakes
To the bells of Notre Dame

The fisherman fishes, the bakerman bakes
To the bells of Notre Dame

To the big bells as loud as the thunder
To the little bells soft as a psalm

And some say the soul of the city's
The toll of the bells

The bells of Notre Dame


------------------------日本語------------------------
朝のパリに響くのは 鐘だよノートルダム

パリの町が目を覚ます 鐘だよノートルダム

パリの町の心は 鐘の音で弾む

大きく小さく響くのは 鐘だ

聞けよノートルダム
[ 2011/10/13 19:45 ] [ 編集 ]
タワシさんへ
>この作品見てないのですが、お勧めなのでしたらこれからでも見てみます。

そうですね。音楽だけでも見る価値があると思いますが、この作品に関してはストーリーも映像もとても良いです。
1966年ウォルトディズニーの死後からずっと低迷していたディズニーですが、この1990年代は黄金期の再来、あるいは第2の黄金期と言われており、その時期最後の集大成作品という事になります。
アニメというより映画を見ている感じで「(この頃の)ディズニーって凄いな」と素直に思えますよ。

ちなみにツタヤでレンタルする時に知ったのですが「ノートルダムの鐘Ⅱ」といって本編の「その後」を描いた作品もありますが、取って付けたような作品で全く別物なので、もしご覧になるなら間違えてレンタルしないようにお気を付け下さい。
「ピーターパンⅡ」もそうですが永遠の名作の顔に泥をぬるような余計な作品を作らないで欲しいなって思います・・・
その後の世界とか言われても、原作知ってる人からすると「ぇ?」っていう感じですし。


>ワルツ苦手ですか?そんなふうには聴こえないですから安心してくださいね。

そうですかー!そういって頂けると安心しますが、しかし苦手であるのは間違いないですよ。
そしてその理由はタワシと同じく左手の跳躍が苦手という事です。
ミスせずに弾けるかどうかは運次第。
発表会でショパンのワルツとか選曲する人って凄いなっていつも思ってます。
それとも外さない手の形とかフォームみたいなのがあるんでしょうかねぇ@@;


>みなさん おっしゃっていますが強弱、緩急のメリハリのはっきりした演奏で、気持ちがいいですね。

ありがとうございます!
タワシさんもそういう演奏をされていると思いますよ。
しかもゼロシンと違って歌心とか優しさもあってとても素敵な演奏です。

更にタワシさんの選曲センスもプラスしたのが、みんなが言ってるタワシワールドなのかなって思いました^^
[ 2011/10/13 18:42 ] [ 編集 ]
らべんだ~さんへ
>「ノートルダムの鐘」って存在はなんとなく知ってますが見た事はないです。

そうなんですよね。存在は知っている、聞いた事はある、ゼロシンもそういう状態でした。
1995年の作品なので15年以上経ってしまっているんですね。


>いつもすごいなぁって思うのはデジピでよくこれだけ変化を出せるなぁって思うんですよね。

ありがとうございます><b
これはもうデジピへの愛という他ないかもしれません。
私の持っている河合のデジピ(CA-93B)は表面がプラスチック加工とか金属加工などがされておらず、鍵盤カバーの一部を除いて、触れる所は全て木の感触です。木目調に加工されたプラスチックではありません。
ピアノの前に座ってみたけど疲れていて弾く気にならない時は、この木をなでなでして軽く爪を立ててひっかいてみたりして、それから寝るのです(*ノノ)キャ
傍から見るとかなり危ない人かもしれないので絶対に真似しないようにして下さいね(*´ェ`*)



>なんで「ブラウン管だよケンバンわ! 」の楽譜が譜面台にあるのですか・・爆

何故かというと封印するのすら面倒くさくて放置してました(-_-;)
封印するのも楽じゃないのです(*´ο`*)=3
他にも色んな楽譜が放置されています。動画に移っている裏返しの全音楽譜(シベリウス様)をひょいと持ち上げると「ねこふんじゃったスペシャル」とかも出てきます。もう楽譜まみれですっ!
でも「ブラウン管だよケンバンわ! 」ってカラフルなので動画のアクセントになりますね(何)
[ 2011/10/13 18:40 ] [ 編集 ]
No title
この作品見てないのですが、お勧めなのでしたらこれからでも見てみます。
ゼロシンさんのこの演奏を聴いても、アラジンや美女と野獣のあの名曲を書いた人が担当ということからも、ストーリーは置いておいても音楽だけでも期待できそうですね。

ワルツ苦手ですか?そんなふうには聴こえないですから安心してくださいね。
私はワルツのリズムは本当に心地よく感じられるのですが、左手がどうしても、苦手な跳躍が多いので、自分で弾くのはダメダメなんですよね~(涙)

みなさん おっしゃっていますが強弱、緩急のメリハリのはっきりした演奏で、気持ちがいいですね。
私も実はそんな演奏を目指しているのですよ~
[ 2011/10/13 10:33 ] [ 編集 ]
No title
おはようございます。
「ノートルダムの鐘」って存在はなんとなく知ってますが見た事はないです。
いつもすごいなぁって思うのはデジピでよくこれだけ変化を出せるなぁって思うんですよね。
元々ゼロシンさんのデジピの音ってきれいだとは思いますが、でもそれだけじゃないんですよね。
ゼロシンさんが蓋全開のグランドで弾いたらすごい迫力になりそうですよね。
曲の表現を出すのがホント上手でお勉強になります。

何気に暗譜ですか??
とっても難しそうですけど・・汗
せっかく暗譜でシリアスにかっこよく弾いてるのに何で
「ブラウン管だよケンバンわ! 」の楽譜が譜面台に
あるのですか・・爆
[ 2011/10/13 08:37 ] [ 編集 ]
めめさんへ
すごい起伏に富んでますよねー。弾いてて飽きないですw
この作品には神の業火に焼かれる様なもっと激しい曲もあれば、祈るような静寂な曲まで名曲揃いです。
作曲者であるアラン・メンケンはアラジンの「ホール・ニュー・ワールド」や美女と野獣の主題といったディズニーの代名詞とも言える名曲を残しています。
いずれ機会があればこの2曲も挑戦したいなと考えていますv

演奏かっこよかったですかーーありがとうございます!
けっこう感情移入しやすい曲という事もあり、原曲ではコーラスが「アーアーアー♪」と歌っているので、ゼロシンも口を開けて歌いかけながら演奏していましたし、
最後の左手ドドドーッの所は天を仰いで昇天しかけながら演奏いていました。
多分自分の演奏姿は恥ずかしくて見れたものじゃないと思います!
[ 2011/10/13 03:15 ] [ 編集 ]
Sleepingさんへ
ありがとうございますー^^
ノートルダムの鐘=この曲 と言っても過言ではない位、作品全体の様々なシーンにアレンジとして登場します。なので残念ながらマイナーな曲という事になってしまいそうですね^^;


>ワルツの部分、物悲しいと書かれていますが、どことなくユーモラスでもあったりして、すごく好きです。

おぉー、そう聴いてもらえると嬉しいですねーヽ(*^^*)ノ
確かに物悲しいと書きましたが、この曲は道化師が広場で子供達に物語を人形劇で説明するように歌います。その歌い様は軽々と伸びやかで力強く、そして少しいたずらっぽく決して短調の悲しいワルツではありません。

私がこの作品にはまるきっかけとなったオープニング動画です。
時間があったら是非見て下さい。
ノートルダム寺院に助けを求める鬼気迫るシーンなどは思わず体に力が入ってしまうと思いますよー!
http://www.youtube.com/watch?v=09mrLoRWveU&feature=related


>アレンジがカッコいいなぁと思ったら、やはり上級者向けですか。

確かにこういう曲ってクラシックとはまた違った難しさがありますよね~。
でも今回は上級編とか関係なく左手のブンチャッチャに苦戦してしまいました。
ゼロシンはワルツ向いてないな~と思いました^^;

また他のディズニー曲も練習できたら良いな~と思います!
[ 2011/10/13 03:15 ] [ 編集 ]
No title
起伏に富んでいて良い曲ですね~。
ミュージカル仕立てというのが浮かんでくるようでした。本当にゼロシンさん、曲の組み立て方というか、盛り上げ方というか、強弱、緩急、お上手ですよね~。かっこよかったです!!
[ 2011/10/12 22:05 ] [ 編集 ]
No title
うわ~、すごい素敵でした!!
この映画見てないので当然ですが、初めて聴きました。ディズニーでもマイナーな曲なんでしょうか。興業的にはいまいちだったということなんですね。

ワルツの部分、物悲しいと書かれていますが、どことなくユーモラスでもあったりして、すごく好きです。

アレンジがカッコいいなぁと思ったら、やはり上級者向けですか。こういうのって難しいんですよね~汗 さすがゼロシンさん、すごく雰囲気出ていていいですね~♪♪ほかの曲も弾いてほしいなぁ♪願
[ 2011/10/12 17:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ

openclose

検索BOX・タグ一覧
プロフィール
ゼロシンへメール


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。