PageTop

11月ピアノオフ会に初参加

先日は思いもよらぬピアノオフ会のお誘いを頂き、有難く11月に参加させてもらえる事になりました。
何と12時から20時まで8時間!
準備と後片付けを2時間と見積もっても6時間はたっぷりありそうです。
なんてパワフルすぎるオフ会なんだ!

今までネット生活は長いですがオフ会というのはこれが初めてという事もあり、お互いに顔を見た事もない所からどうやってスタートするんだろうと少し不安であり、楽しみでもあるんですよね~。
特にゼロシンは顔と名前がなかなか一致しない人間なのです。(顔が覚えられない)
第3回目という事なので今まで参加した事のある方達にとっては新しい顔があったら消去法で「多分この人は○○さんだろう」って分かるんでしょうね。

いつもブログでお世話になっている方達は多分すぐ覚えられると思うのですが、定員15名に対してゼロシンが知っているHNの参加者さんは8名。
という事は残りの7名はもしかしたらブログすら見たことのない人達かもしれない。
でも逆に変な先入観なしで演奏を聴けるとも考えられるので、それはそれで新鮮で楽しいかもしれないですね。



さて話は急に変わりますが(後で戻りますが)、そういえば今更ながら私のピアノに関する近況を書いておこうと思います。
といっても昨年からあまり変っておりませんが。
昨年の今頃からブログの更新が止まり、1年も空けていきなり再開?したかと思いきや詳しい説明もなくいきなり録音からスタートしてしまいましたので^^;

基本的に新しいジャンルへの取り組みは一切していません。
今まで取り組んできた作曲家・ジャンルのレパートリーを追加している感じです。
・バロック(特にバッハのBWV500番台フーガを数曲)
・ロシア(ショスタコーヴィッチのプレリュードや小品、カバレフスキーのソナチネ)
・北欧(グリーグ、シベリウス、メリカント、メラルティンなど)
・ゲームやTVの曲

1日ピアノに向かう時間は30分~1時間くらいです。
弾きたい曲を気の向くまま弾いているので、上手くもなってなければ下手にもなっていない。
先日久しぶりに録画をしてみて、1年前の自分がそのままタイムスリップして録画をしてるように感じました。



島村ミュージックの大人のピアノレッスンは2011年1月に退会手続きをして終了しました。
レッスン時間は1回30分の予約制ですがなかなか空きが少なく、仕事の都合で思うように通えていませんでした。
まぁ、なかなか通えなかったのはゼロシンの事情です。
多い人は月10回とか通えてる人もいましたしね。
先生は個人差はあると思いますが、私にとっては良き聴き役、相談相手という感じで楽しかったです。
ちなみに最後のお別れにショパンのソナタ3番4楽章を弾いてくれました。

また年に2度の発表会があり、人前でグランドピアノを演奏できるチャンスが必ずある、という意味でも習っている意味はありました。
ちなみに最後に出演した発表会は昨年の11月、横浜インターコンチネンタルホテルのグランドピアノでバッハを演奏しました。
「次に人前でピアノを弾けるのは何年後になるかな、もしかしたらもう弾けないかな?」なんて考えながらの出演でした。
こういうのって1回やめると、次ってなかなか出来ないと思うので(そう考えるのってゼロシンだけかな?)



なので今回オフ会という形で、こんなにも早く演奏の機会が巡ってくるとは思ってもみなかったのでとても嬉しくて今からワクワクしています。
練習期間は1カ月。新しい曲に挑戦するか、レパートリーから選ぶか。
選曲は随分と悩みましたが今回は「グランドピアノで細かい音まで表現したい曲」という基準でレパートリーから選曲してみました。

演奏するのは後期ロマン派の作曲家リヒャルト・シュトラウスの若き日の作品Op.9-2です。
風景画と呼ばれる5曲の中の第2曲であり、標題は「さびしい泉のほとりで」と付けられています。
途中に出てくる強弱に関する演奏指示は「ppp」「pp」「mf」のみで淡々とした曲調ですが、その中でうねる様なメロディー、静かな低音を表現できたら良いなと思います。

いつもはあれを弾いてこれを弾いて、次々に楽譜を取り出して弾いていますが
今日は久しぶりにこの1曲を集中して練習出来ました。
強弱、ペダルの位置、一番出したい音、久しぶりに楽譜とにらめっこして考えまくってます。
やはり目標がはっきりしているとピアノの弾き方も変わってくるものですね。
あと1カ月、暫くはこの曲を楽しめそうです。



今回ブログを更新しなければ、こうしてオフ会に招待頂く事もなかった訳ですが
何でいきなりブログ更新して録画アップする気になったのかというと、単純に懐かしくなってしまったからです。

先月、色々と押入れを整理してたら懐かしのwebカメラが出てきた事。
そして外付けハードディスクが7台。(自分で言うのも何だけど多過ぎ)
適当にパソコンに繋いではデータを入れていた為に、もうどのディスクに何のデータが入っているか訳が分からない。
この機会に4~5台まとめて処分しようと思いデータを整理してたら、1台のディスクから昨年の録画データが出てきました。
「あれ、何でこのハードディスクから・・・・」
どうやらちゃんとバックアップしていたみたいで、暫く録画を見返してたら「あれから1年経つのか」とブログを思い出し、気になってしまったのです。

とりあえず1日更新してみようかな、という感じだったのですが1年前と変わらない暖かいコメントがもらえて本当に嬉しかったです。
長い間ブログ放置しておいてオフ会に参加させてもらうのも図々しいな、という気は今もしているのですが今回はお言葉に甘えさせて頂きます。
本当にありがとうございました。



「音楽は技術ではなくてハートだ。心に訴えかける演奏をしよう」
小学校の頃に習っていた先生の言葉ですが、時が経つほど意味が深く感じられ大好きになりました。
この言葉通りの演奏ができるように練習頑張りたいと思います。
1カ月後の「おんそうず3」とても楽しみです。
関連記事
[ 2011/10/18 02:37 ] ピアノ日記 | TB(0) | CM(8)
タワシさんへ
タワシさんはいつも電子ピアノでとても素敵な録音をされているので、生演奏がとても楽しみですね。
9月30日にアップされている「おんそうず2」のライブ録音もう一度聴いてきました。
この演奏で音抜け、ミスタッチ、失敗だらけとは・・・
タワシさん、自分の演奏に厳しすぎですよ~><b
でも理想とする音楽が高いから、ここまでの演奏ができるのかもしれないし、難しいですね~。


えっとですね~、タワシさんやSleepingさん、らべんだ~さんのコメントを読んでますと
ゼロシンはグランドを弾きこなせる、という前提になっている気がしてならないのですが・・・

ゼロシン今度のおんそうず3が1年ぶりのグランドでございます。
しかもその1年前というのは本番だけ(約4分)でその前はまた数か月前・・・
島村の大人スクールはデジピでしたし・・・

とにかくこの10年間でグランドに触れている合計時間は10時間に満たないです。
なのでもちろんグランドを弾いて音をだす事は出来ると思いますが
デジピの演奏をそのままグランドで弾いているだけなのです~
グランドの魅力を引き出すとか、そういう事は出来ないと思うので本当に本当に、過度の期待は禁物ですよ~


>ゼロシンさんも「音楽の勘が鋭い」なんて、買いかぶりですよ~

タワシさんのフレーズ、リズム、テンポ、他の方とは違う独特の魅力があると思うのですが、それを一言でまとめる「音楽の勘」とそういう事になるのではないかと思います。なかなか的確だったと思うのですがどうでしょう?
あとタワシさんの場合は教会で初見に近い感じで色々な曲を弾く、という場数もあるかもしれませんね。


>それよりゼロシンさんがグランドピアノで大崩れなんて、ちょっと信じられません。

紅い色の珍しいグランドでした。(見た目が)綺麗でかっこよかったです。
良く言えば音が柔らかい、悪く言うと音がこもっている。
ペダルを踏んでないのに響く感じで、あれ?あれ?と首をかしげながら・・・
演奏だけでなく、見ている人にとって挙動不審という最悪の演奏でしたよ~><
[ 2011/10/21 03:46 ] [ 編集 ]
No title
SLEEPINGさん!
私はグランドぜんぜん弾きこなせていませんよ~
私なんかと一緒にしてはゼロシンさんに失礼すぎるじゃないですかぁ?

ゼロシンさんも「音楽の勘が鋭い」なんて、買いかぶりですよ~
それよりゼロシンさんがグランドピアノで大崩れなんて、ちょっと信じられません。よほど弾きにくい(相性の悪い?)ピアノだったんでしょうか?

[ 2011/10/20 22:53 ] [ 編集 ]
Sleepingさんへ
ダメもとだったんですか~、あまりそういう文章には見えませんでしたけどw
Sleepingさんのお誘いコメ読み終える頃くらいには、参加しちゃおうかな><b
ってほぼ決定してましたよ!

「よい返事を待っておるぞ」ってアニメによくあるシーンを妄想して、一人で勝手にウホウホ盛り上がってSleepingさんのブログに「参加しまーす」コメントしました。
2~3日で選曲すると言っておきながらその日の内に決めちゃいましたし、かなり興奮していたかもですよ~w


>初回から毎回、時間が足りないね、と言い続けてちょっとずつ長くなってきたような経緯があります。

そうなんですね。
以前の記事を読ませてもらったら6時間+2次会という感じだったので、今回は全てまとめちゃったって感じですね。
BGMタイムが2次会みたいなものになってますしね~。


>考えてみると、ゼロシンさんてデジピちゃんだけでかなり高度な練習までされますよね。。。
>タワシさんもそうですけど、ちゃんとグランドちゃんを弾きこなされるんですよね~~!

ぁ、いえいえ、そんなに高度な練習はしてないです(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
いつも結構ギリギリの演奏をしているんですよ。
ゼロシンの選曲は「粗が目立ちにくい曲」が多いので上手に聴こえてるんじゃないかなって思います。
Sleepingさんはモーツァルトのソナタとか「粗が目立ちやすい曲」が多いですけど、左手のスタッカートとか右手のスケールが凄いキレイでゼロシンより技術はあるんじゃないかなって思ってます。

そしてタワシさんについては音楽の勘が鋭いんだと思います。
多分弾いてる途中で感覚を掴んでしまうので、どのメーカーのデジピだろうがグランドだろうが適応してしまうんじゃないでしょうか。
ゼロシンはと言うと、以前ボストンのグランドピアノで大崩れした事があるので、合う合わないがありそうです・・・


>おんそうずのメンバーは、確かに顔を覚えやすいですよ。
>多分打ち解けてるので表情豊かなんだと思います。

やっぱりピアノが大好きっていう共通点があるからでしょうね。
ピアノって基本は独りの楽器なので、普段なかなか話したくても話せる相手がいなくて自分だけで悩んだり考えたり・・・
そういう人達が集まると練習方法や曲の取り組み方も人それぞれ。
共感できるものや、新たな発見があって一気に爆発するんでしょうね^^


>ここまで仲良しなオフ会も珍しいんじゃないかと・・・

前回のレポートみたいなのを見てもとても楽しかった事がよく分かります。
会のコンセプトが素晴らしく、それに共感して集まった皆さんの「楽しいオフ会にしよう」っていう想いが結集したんですね。
これからも長く長く、続いていくと良いですね~^^


>ゼロシンさんも多分、最初から参加されていたかのように馴染んでしまうことと確信します。

そこそこ人見知りするタイプなので、早く打ち解けられるといいな~
今までの経験からするとそれなりに緊張してると思うので180cmにピーンと来たら声かけてやって下さいませw
はぁ~、11月12日が待ち遠しいです!(その前に練習しないとですが)
[ 2011/10/20 04:05 ] [ 編集 ]
No title
ゼロシンさんは、ブログ復活まもないし、ダメもとでお誘いしてみたのですが、OKでよかったです。ゼロシンさんのグランド演奏を聴けるなんて、ブログ休止中は想像もできませんでした。(妄想はしてましたけど…笑)

8時間て言われると、確かに長いですね!笑 でも、初回から毎回、時間が足りないね、と言い続けてちょっとずつ長くなってきたような経緯があります。多分、これでぎりぎりでしょうが、実際にはあっという間だと思いますよ。

考えてみると、ゼロシンさんてデジピちゃんだけでかなり高度な練習までされますよね。。。それで着実に曲を完成させるっていうのが本当にすごいです。スタジオでグランド練、とかってお聞きしないですものね。でも、タワシさんもそうですけど、ちゃんとグランドちゃんを弾きこなされるんですよね~~!どういうお手手(脳?)になっているんでしょうか。

おんそうずのメンバーは、確かに顔を覚えやすいですよ。皆さんすごく個性的?もとい、多分打ち解けてるので表情豊かなんだと思います。ここまで仲良しなオフ会も珍しいんじゃないかと・・・笑 ゼロシンさんも多分、最初から参加されていたかのように馴染んでしまうことと確信します。笑 180cmですね、それはすぐ分かりそうです。

初めてなのに初めてじゃないみたいな感覚ってすごく分かります。それって緊張するんですかね?あ、でも最初ちょっと不思議な感じはしましたよ。でもその一瞬だけですね。あとは脳内で記憶修正されて、昔から知ってたような感覚に変わりますので、ご心配なく。なんというのかなぁ、昔から顔を知っててコメやりとりしてたみたいな感じに変わっちゃいます。
[ 2011/10/19 11:25 ] [ 編集 ]
らべんだ~さんへ
こんばんはー^^
こちらこそ、お誘い下さって本当にありがとうございます。

>オフ会なので正式なピアノの発表会ほどかしこまったものではなく、でもソロ部門では皆さん真剣に弾いて真剣に聴きます。

オフ会という場での演奏が初めてなのでまだ何とも言えないですが、今まで習っていた島村ミュージックでは会員同士のコミュニケーションなど皆無といって良く、発表会の参加者はみんな垢の他人同然でした。友達を招待しなかった発表会などは、知らない人しか見ていない=誰も見ていない、位のレベルで極めてリラックスした状態で演奏出来ました。
しかし今回のオフ会、一部の方は友達以上に、そして家族以上にゼロシンの演奏を聴き、考え方や好み、特徴を把握されています。
初めて会うはずなのに初めてな気がしていません。
そうなるとゼロシンの性格上かなり意識をしてしまって激しく緊張してしまう可能性があり、今一番の不安材料です。
もしかしたら発表会以上にかしこまったゼロシンを拝めるかもしれませんのでお楽しみに・・・


>選曲はちょっと意外でしたが、ゼロシンさんだからこそ素敵な表現が出来そうでとっても楽しみです♪

リヒャルト・シュトラウスのピアノ曲はあまり有名ではない、という認識でしたがさすがらべんだ~さん、ご存じだったようですね。
確かに発表会で演奏するには意外性のある曲ですよね。頑張って本番までに仕上げますのでお楽しみにー^^


>なぜかおんそうずメンバーは一度会えば覚えるんですよね(笑)

ふむふむ~、音楽のイメージと繋がるのかもしれませんね~。
「スタッフの人かな?」とか「誰かのお友達?」と慎重になってしまう気持ち分かります。
もし別人だったら嫌ですもんね。でもゼロシンは身長が180cmくらいあるのですぐ分かって頂けると思いますよ!

ブログでのイメージと実際会った時に感じる印象、どれ位違うものなんでしょうね。
実際に話してみると第一印象とは全然違う、なんてよくある話ですしね。
ちなみに、らべんだ~さんは確かどこかで「消え入るような令嬢」とか「ヤマトナデシコ」ではなかった、とそんなようなコメントをお見かけしましたので楽しみにしています!w


>冷蔵庫に入れて冷え冷えになったお肉を食べるのが好きです♪

冷え冷えのお肉ですか@@
確かに珍しいですね!

普通は食べきれなくて余った分を冷蔵庫に入れて、翌日(12時間後とか)温めて食べるのが普通ですよね。
買ってきて即効冷蔵庫に入れて冷やして1時間以内に食べる冷え冷えのお肉は殆どの人が試した事がないと思うので、前者の冷えたお肉とは味が違うのかもしれませんがその辺ってどうなんでしょうか?
もしすぐ冷やしてすぐ食べればおいしいのであれば、一度試してみようかな・・・
[ 2011/10/19 04:49 ] [ 編集 ]
たわしさんへ
こんなブログの為に記事まで書かせてしまって、もう本当に申し訳ないです><

一年ぶりに更新した記事のコメントを頂いた時は目から鱗でした。
まさか自分が記事になっているとは夢にも思わずちょっと恥ずかしかったですけど、でもとても嬉しかったです。
もう誰も覚えてないんじゃないかなって思ってましたので。


>そして今度はリアルでお会いして生演奏まで聴けるんですね!
>考えてみたら奇跡のような、すごい展開ですよ!!

本当ですね、この展開はまったく予想していませんでしたw
きっと色々な条件がタイミング良く重なった結果なのでしょうね。
本当に感謝感謝です><


>ただ問題がひとつだけあって私のしょぼい生演奏も聴かれてしまうということです。

タワシさんってご自身のミスタッチ結構気にされていましたもんね。
でもタワシさん、大丈夫です。失望するなんて事は100%無いと断言出来ます!
例え(タワシさんにとっては)ミスタッチのオンパレードになってしまったとしてもです。
理由はタワシさんの8月31日記事にコメントされた方達とほぼ同意見ですね。
タワシさんの音楽の流れ、なかなか努力だけで身に付くものじゃないと思いますよ。

どうかミスタッチなんて恐れず、思いっきりスペイン音楽の情熱を表現してやってください!


ちなみに録音に関する状況はゼロシンもタワシさんと全く同じで、録り直しに録り直しを重ねています。
「その時歴史」も「ノートルダム」も10回や20回程度じゃないですよーw

なのでゼロシンも本番はミスタッチをかなりやってしまうと思います。
ノーミスなんて絶対無理なので、お互いそんなの気にせず思いっきり演奏しましょう!


>ここ最初に「弾いてきました」と読み間違ってしまって・・・(汗)ゼロシンさんが弾いたんだと勘違いしたんですよ~

あははw
こんな短期間でショパンのソナタを弾けるようになる潜在能力を秘めていたら、ゼロシンは今頃ピアニストになれてます!w

有名な曲ですけど普通の人はなかなか弾けない難曲なので、まさか目の前で演奏を見る事が出来るとは思いませんでした。
いつか少しでも弾けるようになったら良いな^^
[ 2011/10/19 04:48 ] [ 編集 ]
No title
おはようございます。
今回は急なお誘いにも関わらずおんそうずへのご参加、本当に有難うございます~。
オフ会なので正式なピアノの発表会ほどかしこまったものではなく、でもソロ部門では皆さん真剣に弾いて真剣に聴きます。
教室の発表会とはまた一味違う楽しさもきっとあるかと思います♪
選曲はちょっと意外でしたが、ゼロシンさんだからこそ素敵な表現が出来そうでとっても楽しみです♪

お顔を覚えるのは私も通常、とっても苦手なのですがなぜかおんそうずメンバーは一度会えば覚えるんですよね(笑)
でもいつも初対面の人は「○○さんが初参加で来る」って分かってるのに会うと「スタッフの人かな?」とか「誰かのお友達?」とか思ってしまってかなりそっけない挨拶を繰り返してきてしまいました(汗)
なので、感じ悪い人がいたら私かもです~汗汗汗
でもいい加減、学習してきましたので今回こそはきっと大丈夫(汗)

時間も長い様でいつもあっという間なんですよ。
2部のBGMタイムもあまり誰も聴いてませんが(笑)是非弾いてくださいね。

ちなみに私はケンタッキーは好きですけど買ってきて自分の分は即効、冷蔵庫に入れて冷え冷えになったお肉を食べるのが好きです♪周囲からはかなり軽蔑な眼差しで見られますけど(怒)
[ 2011/10/18 08:16 ] [ 編集 ]
No title
ゼロシンさんが復活してくれてとてもうれしいです。
突然ブログ界(!)から消えちゃった時はすごくそっくでした。
更新されてないかなあと時々見に来ては、がっかりして帰ることが何度もありました。
ついに「あの人は今?」というタイトルで記事まで書いちゃいましたよ(笑)
らべんだ~さん、sleepingさん、めめさん etc、 ・・・みんなゼロシンさんのことをよく覚えていて復活を願っていましたね。

そして今度はリアルでお会いして生演奏まで聴けるんですね!
考えてみたら奇跡のような、すごい展開ですよ!!
デジピをフルに使いこなしている感のあるゼロシンさんですが、表現力豊かでメリハリのある演奏をされる方なので、やっぱりグランドピアノで弾いたらもっとずっと映えるだろうなと思います。
ただ問題がひとつだけあって私のしょぼい生演奏も聴かれてしまうということです。
録音のイメージを頭に描かれるとかなり失望されると思います。というのは私ミスタッチが半端でないため、録音はたいてい録り直しに録り直しを重ねて、何とかまともに聴けるものをアップしてますので。一発勝負の実際の演奏はひどいです(泣)

そうそう
>最後のお別れにショパンのソナタ3番4楽章を弾いてくれました。
ここ最初に「弾いてきました」と読み間違ってしまって・・・(汗)ゼロシンさんが弾いたんだと勘違いしたんですよ~
<おお~。すごすぎる~!しばらくご無沙汰しているうちに、あんな難曲が弾けるように?>と思ったら先生が弾いてくださったんですね。
でもいい思い出になりましたね♪
[ 2011/10/18 06:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ

openclose

検索BOX・タグ一覧
プロフィール
ゼロシンへメール